1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

キャンピングカーにバスタブも・・!想定外に「持ち運べる」アイテムたち

予想外に「持ち運べ」る・・。

更新日: 2016年01月08日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
89 お気に入り 57733 view
お気に入り追加

▼ 「持ち運べる」ガジェットをまとめてみました。

・「持ち運べる」バスタブ

キットの総重量はおよそ20キロ、バスタブ部の容量は約850リットル。多少窮屈ですけど、大人5人が腰を付けて肩までお湯に浸かることが可能だそう。

キャンプ中って、お風呂の問題が結構ネックになったりしますよね。このホットタブなら、大自然の中で温か〜いひとときが楽しめること間違いなし!ただし、公共の場では水着の着用忘れずに。

・「持ち運べる」ちゃぶ台

持ち運べるちゃぶ台が「Nodate Chabu – ノダテ チャブ」。折りたたみ式ですが、とても本格的なちゃぶ台なんです。

半月型に折りたたんで専用のキャリーバッグに収納すれば、女性でも簡単に持ち歩くことができる。キャンプやピクニックはもちろん、花見や花火大会、紅葉狩りなど、一年を通じて四季折々の行事に古き良き“和の風情”を添えてくれる

外で持ち運べるちゃぶ台までは突っ込みを我慢できたけどお茶を点てはじめたらさすがに突っ込むしかない。

・「持ち運べる」洗濯機

重量わずか140gという軽さ、かつ超コンパクトなスクラバウォッシュバッグ。通常の洗濯機のように電気を必要としないので、水のあるとろであればどこでも洗濯をすることができます。

バッグ(袋)の内部は弾力性のある特殊なウォッシュボードがついており、洗濯機とほとんど同じくらいの洗浄力がある上、衣類へのダメージは手洗いとほぼ変わらないというから驚きです。

洗濯の方法は、本体裏の滑り止めを利用してテーブルなどの上でバッグ越しに衣類をゴシゴシこするだけです。バッグの素材が頑丈で、誰にでも直感で使えるシンプルなツールという印象でした。

今の世の中は洗濯機を持ち運べる時代なんです? へぇ~すごいなぁ~

・「持ち運べる」スクーター

電気充電式のスクーターとなっており、フル充電には時速28マイルで約22マイル走行するすることができます。さらに、折り畳むとスーツケース大くらいのサイズになり持ち運びも可能です。

折りたためばガラガラとスーツケースのように持ち運ぶことができるので、車のトランクに入れて旅行先に連れていくこともできる。

さらに階段・段差等の問題さえクリアできれば、自室保管も可能なので防犯上もメリットが大きいですね。

・「持ち運べる」別荘

1 2





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう