1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

実は訴えづらい…!?SNSの会話を勝手にさらす行為

あのベッキーと、バンド「ゲスの極み。」のボーカル川谷絵音の不倫騒動。雑誌には、その証拠として2人のLINEのやりとりのスクリーンショットが…。

更新日: 2016年01月07日

tea_heartさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
76 お気に入り 99334 view
お気に入り追加

ベッキーと、ゲスの極み。のボーカルとのLINEの会話と画像が雑誌に掲載されてしまったけれど。

ベッキーとバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音の不倫交際が週刊誌で報じられた

雑誌には、2人のLINEのやりとりのキャプチャーや、ホテルの一室で一緒に過ごしている写真も掲載

キャプチャーは、スマホの表示画面を画像として保存されたもの。

芸能人だからってLINEの内容まで晒されてしまうのか

ベッキーとのSNSの会話が、スクショで撮られた?

今回、ふたりの会話内容のスクショ(スマホで表示している画面を画像として残せる機能)が記事に掲載されていた…。

著名な政治家や社会的に指導的な立場にある人など、一定の場合には性的なことがらであっても公共性が認められる場合はあります

公共性が認められる人物なら、報道の自由が認められるんだけれども。

ベッキーのはスクショしてそれを吸い取っただけではないんかね。浮気の証拠押さえに使う方法だよ。別に難しいことじゃない。

SNSの会話が盗み見されて、会話内容がリークされたというウワサも。

LINEの内容流出でベッキーさんが謝罪会見した件・・・内容はあまり興味ないのだけど、これって本人達が提供した情報でない限り、不正アクセス防止法違反の案件ですよね・・・>< pic.twitter.com/zfC5c4YkuW

いや、それが違うらしいのです。

スクショされた会話を、記事に掲載したことって罪にならないの?

雑誌などの記事や、ネットの書き込みで名誉を傷つける場合、具体的な事実が書いてあれば名誉棄損が成立する

ただし、政治家の汚職なんかを暴く記事なんかは、真実なら名誉毀損にならない。

リベンジポルノ防止法ができる前ならば、このような写真の公表が名誉毀損罪となることは難しく、犯罪の問題とはなりにくかった

「不倫写真」としてメディアに掲載された写真は、名誉毀損になりにくかった。

規制は、写真をネットに公開したり、メールやLINEなどで他人に提供する場合のほか、画像を多数の人に見せている場合も含まれる

被写体が誰かわかるような「性的」写真や動画を、写った本人の同意なしに公開すると「公表罪」として処罰される

リークしたものが「性的」な写真じゃなければ、この法律に違反はしていない。

不正アクセス防止法は、パスワードなどを盗んで勝手にログインすることを取り締まる法律。

携帯電話を勝手に開いてメールを見る事は不正アクセスではない 。不正アクセスはネットを経由して不正にアクセスすること

恋人のパスワードを推理なり盗み見をして、メールサービスにログインして勝手にメールを読んだ人が逮捕されているという事はある

WEBサービスにログインした人が対象で、それを掲載した雑誌の罪にはならなそう。

ていうか、スマホを勝手に見る事自体・・・

個人的に見ただけであればプライバシー侵害による慰謝料は低額にとどまると思われ、勝手に見られたこと自体、立証が難しい

端末を手に取って勝手に操作することは、不正アクセスとは言えないので、不正アクセス禁止法に違反もしない

無断で携帯チェック、プライバシーを侵害して違法に証拠を手に入れても、ある程度なら、不倫の証拠として認めてもらえるのが通常

ただ、会話をスクショした画像が不倫の決定的な証拠となるわけじゃないそう。

SNSでの会話をスクショすること自体は、けっこうやってる

友達に話をする感覚で書き込んだ愚痴や他人への批判、おバカ写真など、フォロワーが勝手に、スクショを撮って投稿されることがある

翌日、友人から「◯◯子のFacebookでやり取りが晒されてるぞ」と報告を受けて、僕とのやり取りがスクショされて晒されていた

友人間でもインターネットでも、友だちに話をするようなノリで気軽にスクショを公開してしまう

とはいえ勝手にさらす行為自体を取り締まるのは、むずかしい。

1 2





tea_heartさん

紅茶厨です´◡`

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう