1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今季は異常…「インフルエンザ」はこれから流行し始める

今季のインフルエンザは、例年とちょっと違うみたい

更新日: 2016年01月07日

靖ゆきさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
37 お気に入り 103430 view
お気に入り追加

今季、インフルエンザは流行してるの…?

インフルエンザのシーズンがやってきたが、今季は例年に比べて感染者数が少なく、今のところ活動は低調

例年12月に発表されるインフルエンザの流行が今シーズンは遅くなっている

例年は11月下旬から12月に流行期に入ることが多く、年明けにずれ込むのは2006年から2007年にかけてのシーズン以来

これは約10年ぶり

厚生労働省いわく、原因は"暖冬"。

先月は全国的に気温の高い日が多く、東日本では月の平均気温が平年を2度近く上回り、12月としては統計を取り始めてから最も高い

気象庁によると、「エルニーニョ現象」の影響で冬型の気圧配置が長続きせず、全国的に気温の高い日が多くなった

インフルエンザ流行の遅れについて、厚生労働省は「例年より湿度や温度が高いことが影響している可能性がある」としている

感染者が少ない理由にワクチンの有効性を挙げる専門家は多い。米疾病対策センターの調査でも、今シーズンのワクチンは効果が高い

でも、安心してはいられない

これからピークがやってくる可能性も高い。

「過去10年ほどの傾向を見ても例年ピークを迎える2月ごろには患者数が増える可能性が高い」

と、国立感染症研究所の砂川富正室長

暖冬であることも感染者が少ない理由の一つだが、1月以降気温が下がることが予測されている

そうなることでウイルスが猛威を奮う可能性もあるため、引き続き注意が必要

こんな年は、最終的な流行の規模が小さくて終わる傾向もあるが、そうは言ってもやはり少しずつインフルエンザ患者が発生している

患者数も第50週から第51週にかけて約28%増加しており、じわじわと感染が拡大していることがうかがえる

12月の中旬に当たる第50週から第51週の間で、28%の増加が見られた

万全な対策を。

うがい、手洗いの励行などとともに、生活リズムなどにも気をつけて

使い捨ての不織布マスクを何度も再利用するなど、誤ったマスクの使用は、かえって感染を広げ恐れがある

マスクを装着する前には手を洗い、ワイヤーは鼻の形に合わせ、あごを包むように下まで伸ばす。しっかり鼻を覆い、肌に密着させる

1 2





靖ゆきさん



  • 話題の動画をまとめよう