1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

中学生でもアリ…?イマドキの「親子でおふろ」が衝撃的

いわゆる友達親子というやつ?

更新日: 2016年01月07日

robertoRoccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
66 お気に入り 277373 view
お気に入り追加

これって、当たり前なの…?

今は、小学校高学年~中学生くらいでも母親と一緒に入浴する子が少なくないと聞く

中学生男子の二割がお母さんとお風呂入るとか俄かに信じられない、お友達親子とか信じられない。

ある有名私立男子中学校では、中学2年生のクラスの半数近くの生徒がお母様と一緒にお風呂に入っているという実態です。

親と入浴などのスキンシップをしている中学生の方が、成績が良いと言われているそうです。

実は、女子中学生でも

20代と30代、ともに1割以上という結果に。40人クラスであれば、4人の女性はお父さんと一緒にお風呂に入っている

高校生でも、お父さんと一緒にお風呂に入ってた。

20代では数字の減りが小さく、中学生の頃の数字とほとんど変わりありません。世代の傾向の違いが見えます

職場の40歳女性が、「うちの息子は、中学2年まで私とお風呂に入ってた。息子は外ではいきがってたけど、他の人が見てないから風呂では私がだっこしてた。逆に娘は、高校2年まで父親とお風呂に入ってた。」と言ってた。私は驚いたけど、普通はどうなんだろう。

もちろん、そうじゃない人たちの方がまだ多いわけですが。

恥ずかしいという気持ちは…

「見たいテレビがあって、その番組までにお風呂に入りたいときは誰が入っていようが関係なかった」

“時短”を突きつめた結果として一緒に入っていたという人の声が多いんだそう

「ある程度年をとって入っているということは、お互いに何とも思っていないと思うから」

「本人は友達に知られるのは恥ずかしいようで秘密にしているようです」

お母さんと思われる人の書き込み。

こういう友達のような親子って増えてるらしい。

平成に入って「縦」よりも「横」の色合いが濃い親子関係が顕著になり、「友達親子」という言葉が広く使われるように

今は親子でべったり仲良しの家庭も多いが、子どもの自立を考えると問題もあるそう

体は男性らしく、女性らしく変化し始めているのに、それを性的な自立につなげていけていない家庭が最近は多いように思います

と語るのは、尾木ママこと教育評論家の尾木直樹さん

ただ、外国人からみると、かなり変。

1 2





robertoRoccさん



  • 話題の動画をまとめよう