1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

日常のWhyに効く!?…怒りの感情を消すテクニックが役立つ

日常の生活や仕事などで思いがけずに遭遇してしまうWhy(なぜ)嫌な出来事ってありますよね。イライラしたり怒りが収まらない時に効く怒りの感情をコントロールする方法を紹介します。

更新日: 2016年01月08日

465 お気に入り 68694 view
お気に入り追加

日常でイライラしたり怒りが湧くときどうしていますか?

どんなに穏やかな人でも、いちどや二度は怒りが収まらない経験ってあると思いますが、そんな時に感情を上手くコントロールするって言うお話です。

このごろなんだか、すぐにムッとする、イライラすることが多いかも……。そんなふうに思うことはありませんか。

人間関係にヒビが入ってしまったり、立場が悪くなったりしてしまったことは一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

そもそも怒りとは?

様々な要因・理由で起きるもので、例えば目的を達成できない時、身体を傷つけられた時、侮辱された時などに起きるものである

本来、「命の危機を抱いたりやテリトリーに侵入されていると感じたりしたとき、自分を防衛するための本能」です。

何かが自分にとってあるべき状態ではないことを示す感情が怒りである。例えば、相手に「こういうふうに動いてほしい」と期待しているのに、その通りに動いてくれないときに怒りが生じる。

冷静に判断しておきたい怒る事によるメリット、デメリットとは?

エネルギーを爆発させるということになるので、怒ることで頑張るパワーが生まれる可能性があるんです。

体のあらゆる機能が落ち、通常の7~8倍くらいのダメージがあると言われています。

怒れば怒りが怒りを増幅していく……怒りが、家族を、友人を、恋人を、健康を、キャリアを、仕事を、財産を奪い盗る

やっぱり感情をコントロール出来たほうが良い!どうしたらいい?

怒りっぽかったり、イライラしやすかったり、些細なことが気になって仕方がないようだと感じた時に試してほしい

怒りを感じないように我慢するよりも、感じてしまった怒りを上手くコントロール出来るようになるほうが、心身ともに健康的です。

むっとしたとき、絶対にやってはいけないのは、周りに感情任せに怒り散らすことです。これは、逆切れも含みます。

怒りを感じた時は、まず自分を冷静でナチュラルな状態に戻すことが先決です。

鼻からゆっくりと息を吸い、鼻からゆっくり息を吐くということ。しっかりと口を閉めることがポイントです。つまり、鼻呼吸です。

怒りの感情のピークは6秒程度しかもたないと言われています。怒りが沸いてくる出来事があった時は、1,2,3・・・と心でカウント

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう