1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

2016年の映画は『悪役』から目が離せない!

2016年も話題の映画が目白押しですが、ちょっと気になるのが「悪役」たち。ワルが主役の楽しみな映画も多いし、サブながら主役を喰ってしまいそうな強烈キャラたちが登場する作品も続々と公開されるみたいです。

更新日: 2016年01月08日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
281 お気に入り 241058 view
お気に入り追加

◆『ブラック・スキャンダル』

1月30日公開


出演:ジョニー・デップ、ジョエル・エドガートン、ベネディクト・カンバーバッチ ほか


公式サイト:
https://warnerbros.co.jp/c/movies/blackmass/

ウサマ・ビン・ラディンに次ぐFBI最重要指名手配犯に認定された犯罪王ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーの半生を描く

米国犯罪史に残るFBIの汚職事件を描いたクライムサスペンス。ギャング、FBI、政治家と別々の道へ進んだ幼なじみ3人が交わした密約が、米国の正義の根幹を揺るがす大事件=スキャンダルを巻き起こす

青い瞳に革ジャン、頭も薄毛にして実在の犯罪王ジェームズ・ホワイティ・バルジャーを演じるのは、本作で4度目のアカデミー賞ノミネートに期待がかかるジョニー・デップ

ベネチア、トロントなどの国際映画祭で華々しく上映されると、実在の犯罪王ジェームズ・ホワイティ・バルジャーが憑依したかのような渾身の演技を披露するジョニー・デップに「キャリア史上最高の演技!」と絶賛の声が相次いだ

伝説のギャングスターに中身も外見もなりきったデップは、「前から興味を持っていたんだ。生い立ちや生き方だけでなく、16年もの間、国の追跡を逃れ続けることができたという点に。そんなことができる人はめったにいない」

ちょけてないジョニー・デップ、ウォーリアーのジョエル・エドガートン、誕生日が同じベネディクト・カンバーバッチにケビン・ベーコンまで出ちゃう、実話ベースの映画『ブラック・スキャンダル』。これは観に行くー! pic.twitter.com/3iNQeaKaiU

ブラック・スキャンダル見たいなぁ 久々に映画見たいって思った

ベッキーの話題で盛り上がるTLの中で『ブラック・スキャンダル』ってタイトルを見かけるのジワジワくる。

◆『血まみれスケバンチェーンソー』

『仮面ライダードライブ』ヒロイン内田理央を主演に迎え、『メサイア』シリーズなどの山口ヒロキ監督、『琉神マブヤーTHE MOVIE 七つのマブイ』などの脚本を手掛ける福原充則が生み出す、強烈スプラッタアクションムービー

改造されゾンビとして操られるクラスメイトたちを相手に、解体屋の娘・ギーコが自前のチェーンソーで戦う

強烈すぎる敵キャラが続々登場

狂った感じの素晴らしい表情を見せてくれる、山地まりさん演じる狂気の中学生「碧井ネロ」

ネロ­はその破天荒な言動 により周囲から拒絶され孤立をしていた。ネロは孤独であったが、その天才的なマッド・­サイエンティストと しての能力を活かし、クラスメイトを次々に改造

初顔合わせの時に山地さんの強烈な目ヂカラを見て“ネロが来た”と思いました

監督の山口ヒロキ氏・談

佐藤聖羅(さとうせいら)
1992年4月生れ


『SKE48』の元メンバー

佐藤聖羅はネロに改造された全身武器の少女・爆谷さゆりを演じる。“爆谷さん”の愛称でキャラクター人気の高いの彼女は、原作では体のあらゆる部分からミサイルを発射し、ギーコを苦しめる

髪型も繰り出す技も個性的過ぎるので、映像化するにあたり一番の難題でした。しかし、爆谷無しの映像化はあり得ない。佐藤さんが体当たりで挑んでくれなかったら映画化の実現も無かったかも

監督の山口ヒロキ氏・談

玉城裕規(たまき ゆうき)
1985年12月生れ

忍者部部長の女子高生・笹山香織。改造されて怨憎というキャラクターに生まれ変わり、内田演じる主人公・鋸村ギーコと激しいバトルを繰り広げる

原作では登場・即・斬といった感じでサクッとギーコにやられる怨憎ですが、映画では多彩な忍法を繰り出しギーコを苦しめるもよう

人生初、いや…今後あるか分からない女学生役もやらさせてもらってます。そこの部分はですね、皆様の広い心、温かい目で見ていただけたら嬉しい

玉城裕規のコメント

◆ 『X-ミッション』

1 2 3





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!



  • 話題の動画をまとめよう