1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

何のため?橋の上にある「タマネギ」みたいなアレが相次いで盗まれているみたい

よく見かける橋の上にある「タマネギ」みたいなアレ。「擬宝珠」というみたいなのですが、今岩手県で窃盗が相次いでいるみたいです。

更新日: 2016年01月08日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 49834 view
お気に入り追加

よく見かける橋の上にある「タマネギ」みたいなアレ

橋の欄干や神社建築の柱の上部などに
よく「玉ねぎ型」の飾りがついていますよね

橋の欄干によく使われているスライム状(タマネギみたいな)の飾りはなんという名前なのでしょうか?

ネギの花に似ていることから「葱台(そうだい)」とも呼ばれる

今、岩手県で「擬宝珠」の窃盗が相次いでいる

橋に取りつけられた「擬宝珠(ぎぼし)」と呼ばれる真ちゅう製の飾りなどが盗まれていた

真打橋の擬宝珠は欄干についていた4つすべてが無くなっていました

7つの橋に取りつけられた真ちゅう製の擬宝珠48個と、銅製のプレート4枚で、被害額は、およそ490万円相当にのぼる

隣接する平泉の黄金文化とのつながりも深く、歴史ある村の象徴として、地域おこしの一環で取り付けられた

欄干の擬宝珠などが相次いで盗まれた事件でさらに別の橋でも被害があったことがわかりました

昨年末から立て続けに盗まれている

県や市の道路パトロールの日程などから、真打橋は1月4、5日、
豊巻橋は昨年12月25日~1月4日に盗まれたとみられる。

でも、何のために盗んでいるのだろう?

盗まれた擬宝珠は金属のなかでも高額で取引される真鍮製

この窃盗が成り立つということは、闇で、買い取っている何者かがいるということです

溶接するなど対策を進めている

「擬宝珠」と板は、欄干にボルトで固定されていたが、いずれもボルトごと外されていた

被害にあっていない橋の擬宝珠について県と市はボルトのねじ山をやすりでつぶしたり欄干と擬宝珠を溶接して固定したりして対策を取っています

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう