1. まとめトップ
  2. カラダ

自殺者は平均5時間。睡眠不足が自殺を引き起こしてしまう?

睡眠不足は自殺を引きこす危険性がある。なぜ睡眠不足が自殺を誘発してしまうのか?

更新日: 2016年01月08日

rainshineさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
278 お気に入り 161291 view
お気に入り追加

睡眠時間が短い日本人

一般的に睡眠時間ってよく日本人は7時間程度。とTVの特集などでも言われているが、実際には、OECDの報告でも断然短い7時間41分。意外に長いじゃん。って思うかもですが、これ全国民の平均です。子どもの長さに比べて働き盛りの40~50代は本当に短く、7時間を下回ります。

睡眠不足は「自殺」の危険性が高まる?

Photo by Andy Sotiriou / Photodisc

睡眠不足はうつ病発症の危険因子であり、うつ病やパニック障害では不眠が強いと自殺の危険性が高まることも示されています。

睡眠時間が6時間以下の人は肥満、糖尿病、心臓病の有病率が高い。さらに、「うつ病、事故、自殺」のリスクも高くなる。

実際に睡眠不足の自殺者は多い

Photo by Comstock / Stockbyte

米スタンフォード大学のt博士らの調べによると、420人の中年の男女を10年間追跡調査したところ、うち20名が睡眠不足に悩んでおり、尚且つ自殺したとか。

同博士らによると、常に睡眠不足が続いている人の自殺率は1.4倍にのぼるという。

厚生労働省研究班が救命救急センターに運ばれた自殺未遂者を対象として行った調査でも、自殺の試みが初めて...という初回の人の52%、複数回、自殺を試みた人の89%が、睡眠導入剤や精神安定剤を飲んでおり、自殺者の多くが精神的に不安定な状態にあり、睡眠に問題を抱えていたことがわかっている

自殺者の平均睡眠時間は5時間程

Photo by Image Source / DigitalVision

厚生労働省の調査結果として、自殺者の就寝時刻は深夜1~2時、自殺者の多くが睡眠不足を自覚していて、平均では5時間程度しか睡眠をとっていないと紹介されています。

たった5日の睡眠不足で精神が不安定に

Photo by Image Source / Photodisc

国立精神・神経医療研究センターが睡眠不足の精神面への影響を調べる研究を行ったところ、わずか5日の睡眠不足で、不安と混乱が強まり、抑うつ感が強まることが判明した。

なぜ睡眠不足が自殺を引き起こすのか?

Photo by Christopher Robbins / Photodisc

台湾では睡眠時間が6時間以下になると自殺の危険が高まることが2013年に報告されています。自殺の衝動は前頭前野の機能が低下すると高まりますが、睡眠不足はこの部位の働きを低下させるのです。

自殺した方の前頭前野ではセロトニンが減っています。睡眠不足がセロトニンを低下させ、将来予測を困難にすることで自殺を助長するのかもしれません。

また寝不足により、前頭前野が担う衝動性を抑える働きが弱まるために、自殺に至るのかもしれません。

「睡眠不足による判断能力の低下」があると考えられています。頭がボーッとなって、冷静な判断ができなくなってしまって自殺を試みたという人も少なくないのかもしれません。

寝付けないと、ついつい寝酒を飲みがちですが、自殺をしようとした人の約2割がお酒を飲んでいました。

飲酒と睡眠不足の負のスパイラルが起きるのだ

自殺を予防する為には

Photo by Adam Gault / Photodisc

18-64歳の日本人の平均睡眠時間は現在6.4時間と考えられている。できればあと1時間、せめてあと30分日本人が睡眠時間を多くとれば状況は変わるのではないかと考えている。

1 2





動物、自然、音楽、雑学、海外ゴシップ、海外ニュースなど
世界のすごい事、びっくり仰天な事、どうでもいいけどちょっとためになる事などをまとめてます。



  • 話題の動画をまとめよう