1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

マヨネーズの賞味期間を12カ月に延長…この発表がネット上で話題になっている

キユーピーは主力商品である「キユーピー マヨネーズ」の一部容量と、「キユーピーハーフ」の賞味期間を、従来の10か月から2か月間延長し12か月とする、と発表した。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年01月08日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
31 お気に入り 75601 view
お気に入り追加

○マヨネーズの賞味期間を12カ月に延長

キユーピーは1月6日、主力商品である「キユーピー マヨネーズ」の一部容量と、「キユーピーハーフ」の賞味期間を、従来の10か月から2か月間延長し12か月とする、と発表した。

「キユーピーハーフ」は4年ぶりに全面刷新し、卵の使用量を増やすなど原料の配合を変えた。

3月以降に出荷する50グラム~450グラムの5容量の「キユーピーマヨネーズ」と、1月22日以降に出荷する「キユーピーハーフ」の全商品が対象となる。

マヨネーズの賞味期限が伸びるのってすごいのか。 そして、1年なかったんだなー

○もちろん、みんなも大好き!

唐揚げにはやっぱりマヨネーズやんな 。うん 、美味い 。

マヨラーに片足突っ込んでる身からいわせてもらえばやっぱりキューピーマヨネーズの赤キャップは別格のうまさだよ

○マヨネーズは長期保存すると風味や香りが劣化する

工場で製造するマヨネーズは加熱殺菌した卵を使っており、常温でも同じ状態を保つことがでる。

しかし、長期間保存していると製品に含まれる酸素などの影響で品質が低下。

マヨネーズは長期保存すると原料の油が酸化するなどして風味や香りが劣化する。

○賞味期限が延びただけでなく、より美味しくなった

原料の油に溶けている酸素を取り除く「おいしさロングラン製法」(2002年から導入)に加え、製造工程中の酸素レベルを下げることで、賞味期間を延長できることを確認した。

製造工程で触れる酸素の量を減らすことや、配合の見直しで賞味期間の延長を可能にした。

賞味期限が延びただけでなく、卵の味をより感じられるようになったという。

○このニュースについてネットでも話題になっている

マヨネーズなんて無くなるまでが賞味期限(消費期限)やと思ってます

キューピーのマヨネーズの賞味期限?消費期限のびるんだね。うれしい。マヨネーズ万歳

キューピーマヨネーズの賞味期限が12ヶ月に延長したのか。最強じゃないか。もはや保存食だ

キューピーがマヨネーズの賞味期限を延長だって。 そうだよね、賞味期限と、消費期限の違いももっと理解した方がいい。

○「賞味期限あったのか」という声も

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう