1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今だから伝えたい!糟糠の妻を大事にする、素敵なミュージシャンたち!

ベッキーと「ゲスの極み乙女。」川谷絵音の不倫交際で話題の今…ゆず・岩沢厚治さん、氷室京介さん、浜田省吾さん、藤井フミヤさんなど…苦労を共にした奥さんをいつまでも大事にするミュージシャンのエピソードをまとめてみました。

更新日: 2016年02月10日

syatohanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
126 お気に入り 299747 view
お気に入り追加

◎ブレイクして、”糟糠の妻”を捨てたゲスの極み・川谷

結婚した直後に元カノの誘いにフラついたり、プロポーズ記念日に離婚を迫ったり。川谷のヒド過ぎる行動に、妻としては泣きたかっただろう。

働きながらバンドを支えた彼女の証言には、改めて「こんな糟糠(そうこう)の妻を裏切るなんて」と、怒りが湧いた読者も多かったはずだ。

◎「糟糠の妻は堂より下さず」

「糟糠」は米かすと米ぬか。<糟糠の妻>とは、粗末な食事しかできない貧しい時代から苦労を共にした妻のことだ。

貧しさを共にしてきた妻は、自分が富貴になっても大切にするという意。

誰しも下積み時代は食えない。機材や遠征など支出が多いバンドマンは特に苦しいが、バイトばかりしていては練習時間も取れない。そこで女性に助けてもらうケースは非常に多いのだ。

◎ゆず・岩沢厚治

北川悠仁と組んだゆずのサブリーダー。

お相手はゆずの地元である横浜市在住の一般女性。12年という長い交際期間を経てゴールインを迎えた。

「下積み時代から今日まで、僕と共に歩み、支え合ってきた、とても大切な人と12年とゆう歳月を重ね、この度、この日を迎えました」と喜びをつづっている。

ゲス川谷は下積み時代から12年間支え続けてくれた女と結婚したゆず岩沢厚治を見習え

◎氷室京介

元BOØWY
2014年に全国50公演を行なったソロデビュー25周年ツアーのファイナル公演目前の7月13日、山口県周南市での公演中に、急遽ライブ活動の無期限休止を発表。

BOOWY時代に追っかけをしていた方で、なんと奥様のほうからアプローチしたのだとか!

「かみさんが~」と呼ぶ氷室は硬派でストイックなイメージとは不釣合いにも思えるが、多くのインタビューでも最大の理解者として照れることなく紹介している。

ツアーに帯同し、夫婦揃って会場入りというのもファンにはお馴染みの光景だ。現在は事務所副社長を務めている。

ほんと、ゲスの極みの一件を見てると氷室が聖人君子に思えてくるわ。 BOOWYとしてヒットする前に結婚した嫁さんのことを何十年たっても「好きなタイプはカミさん」と言って憚らないし

◎浜田省吾

10年ぶりとなるオリジナル・アルバム『Journey of a Songwriter ~ 旅するソングライター』をリリースし、60代のアーティストとして史上初となる2週連続週間アルバムチャート1位を獲得。

奥様との出会いは、浜田さんが20歳頃、駅で傘が無くて困っている彼女に、「入りませんか?」と声を掛けたのがきっかけ

浜田さんが当時ドラムを担当していたバンド、愛奴のメンバー5人で住んでいたアパートの直ぐ近くで、それから彼女が友達を連れて遊びに来る様になりそのうちにお付き合いするようになったようです。

奥さんは浜田省吾のライブをよく見に来ており、顔見知りのファンもいるようです。

(MCで)鳥取の人はよく知っていると思うけど、鳥取はワイフのホームタウンなので義理の母に会いによく帰ってきてるんだよね。

観客の「奥さん元気?」という質問には「元・気・で・す!」とはっきり答えられてました。

◎藤井フミヤ

ミュージシャンで元「チェッカーズ」のリードボーカル。1990年6月29日に結婚したお相手は中学校の同級生で、藤井がベタ惚れだったそうだ。

1 2





syatohanさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう