1. まとめトップ

十分に稼いだKARAもう辞める!KARA事実上の解散へ!K-POP時代の終わりか

K-POP歌手グループとして日本でも人気のKARAが事実上の解散となりました。韓国での人気は落ちてきており、グループの3人が脱退するという事で、事実上の解散となりました。KARAと言えば、事務所ともめた事が話題になり、人気のダンスが上手なニコルが先に脱退していました。

更新日: 2016年01月16日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 1178 view
お気に入り追加

2016年1月にKARA解散のニュース

K-POPガールズグループKARAの解散が確実になった。所属事務所DSPメディアが、メンバーのギュリ、スンヨン、ハラの3人との専属契約を、1月15日をもって終了すると発表

日本の韓流ブームの中心にいたKARAの時代が終わった。KARAの解散は既成事実化した状況だ。

日本での人気が高かったKARA

母国の韓国よりも日本での人気が高く、日本で多くの歌番組に出演するだけでなく、主演ドラマまで制作・放送されたほど。

スキルのなさという彼女たちの欠点はどこか日本のアイドルを思わせ、多くの日本人ファンが親近感を覚えた

日本でK-POPの人気が落ちてきて・・・・

日本での活動に特化しすぎたことが、あだとなった格好です。K-POPブームは日本では廃れたものの、中国や東南アジアではいまだ健在

K-POPブーム急落の原因としてよく言われるのが、日韓関係の急速な悪化だ。

KARAのニコルとジヨンの脱退にはじまり、少女時代ジェシカ、f(x)のソルリなど、人気グループから次々と脱退者が出た

女優としての活動にシフト

歌手として名前が売れていますが、女優として通用するかどうかは未知数です。

ハラとスンヨンは歌手としてではなく、女優としての活動を望んでおり、移籍先を探しているそうです。

ホ・ヨンジだけが残るのは難しい

メンバーで唯一、契約が残るヨンジにしても、自身のインスタグラムのプロフィールとアカウント名から『KARA』の4文字を削除

雰囲気を見ると、ホ・ヨンジは「KARA」という名前を維持するのは難しい。元年メンバーではなく、KARAというグループを引っ張っていくのは事実上不可能だ。

KARAで知名度を上げたので、ソロ活動として問題はなさそうです。

1





misukiruさん

注目している芸能人・芸能情報・スキャンダルまで。恋愛ライフハック、エンタメ、デート系、話題の人物、戦争経済と歴史、社会問題、ウェブ・IT、経済・金融。政治・政治家。情報アンテナ。平和派。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう