1. まとめトップ
  2. レシピ

「納豆嫌い!」な人でも納豆を食べられるようになったアレンジ方法♡

納豆嫌いの人って多いですよね。無理して食べなくてもと思いますが納豆は安いのに栄養価が高く、美容や健康効果がたっぷりで克服しておいた方が絶対得な食べ物です。とは言え納豆の嫌いな要素は多く中々克服・改善は難しいですよね。ネットでみつけた納豆嫌いな人が食べられるようになった食べ方をご紹介

更新日: 2016年01月14日

aqua38さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
199 お気に入り 67339 view
お気に入り追加

▼あなたが納豆を嫌う理由は何?味?ネバネバ?におい?

#新年なので改めて自己紹介をする 嫌いな食べ物は納豆です。もう一度言います。嫌いな食べ物は納豆です。どれだけ納豆が嫌いかと言うとなんか納豆嫌いっていうぐらい嫌いでなんかよくわかんないけど納豆が嫌いで臭いとか見た目とか嫌いです説明しにくいけどとりあえず納豆嫌いです

嫌いな要素を全て手に入れちゃった納豆は危険物に放り込んでいいよ

嫌いだから克服したいがために食べるけど 納豆とバナナとネギは駄目吐きます

▼嫌いなのはもったいない!納豆の効果

嫌いなものを無理に食べようとしなくてもという事ももちろんありますが、納豆は安いのに栄養価が高く、美容効果や健康効果が抜群!食べられるにこした事はありません

納豆は骨粗しょう症の予防につながるビタミンKが他の発酵食品の数百倍含まれていたり、美肌に役立つビタミンB2も生の大豆の2倍、便秘解消に役立つ食物繊維もごぼうの2倍など、元祖スーパーフード

ナットウキナーゼは納豆にだけ含まれている特別な栄養素で、血栓を予防し血液をさらさらにする効果があると言われています。血液がさらさらになることで、心筋梗塞や脳梗塞などを防ぐ

納豆のアンチエイジングパワーは、ヒアルロン酸&コラーゲンというアンチエイジングの2大美容成分を遥かに上回ります

皮膚細胞を活性化させるカリウム、亜鉛、ビタミンB2が豊富に含まれています。さらに、「畑の肉」とよばれるほど良質なタンパク質が含まれているため、活き活きとした肌を保つ

▼納豆嫌いが改善するオススメアレンジ

~納豆の「味」がダメな人にオススメのアレンジ

□発酵食品同士の組み合わせでキムチを入れてみる

辛味が大丈夫な人はやってみてください。発酵食品同士だから気が合うのかもしれません。ヨーグルトと混ぜておいしかったという人もいましたが、さすがに納豆好きの私から見ても勇気のいる食べ方でした・・・

納豆大嫌いなんですが、唯一食べられるのは、納豆キムチです。刻んだキムチと納豆、ゴマ油などを軽く混ぜます

□やっぱり万能!マヨネーズ

とりあえず苦手なものにはマヨネーズ作戦ですがやっぱり成功!という声がおおいみたいですよ

私が食べられるようになったきっかけは「マヨネーズ」。納豆に付属している「たれ」「からし」を入れてそこにマヨネーズを大さじ1くらい入れ、(好きなら)ネギも入れて、かきまぜて食べてみたらこれが私にはすごーく美味しく感じました

□からしを入れてみる

納豆に付属としてついているタレを野菜ドレッシングにさらに変えるとマッチするんだとか

からしをたーーーーーっぷり入れることと、タレは和風の野菜ドレッシング(野菜の甘みと酢の酸味が納豆に合う)を使う

□山芋に卵

長いもや山芋などのトロトロねばねば食感に投入!卵を入れてネバネバを取るという人も。納豆好きの中にも卵は欠かせない!という人も多いですよね

臭いもですが、味と食感が、ダメ!でも、納豆に、付属のたれをかけとろろ芋(長芋でも、山芋でも)、卵の黄身、鰹節、きざみのりを、かけると、食べれます

納豆一パックに対して卵黄のみを2~3個分入れて、たっぷりの味付け海苔としょう油をかけて食べてます。どちらかというと、卵かけご飯状態です

□冷奴にオクラ

ネバネバが大丈夫な人は冷奴にオクラをさらにトッピング!かつお節と納豆のくみあわせが美味しいという意見もあるので、かつおぶしはマスト!

ひややっこにのせてツユをかけて食べる。薬味が多いほうが私は食べやすいきざんだオクラと鰹節を納豆にかける

~納豆の「におい」がダメな人にオススメのアレンジ

□野沢菜漬けを入れてみる

1 2





aqua38さん

お気に入り登録してくださった方ありがとうございます
女性向け、ライフハック、美容、子育て、雑学、暮らしのアイデア、DIY、100均アレンジ等役立つ情報をまとめています



  • 話題の動画をまとめよう