1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【韓国】北朝鮮に対抗するための道具は「拡声器」…再開された「対北放送」ってどんな放送なの?

2016年1月8日、韓国軍が北朝鮮の「水爆」核実験への対抗措置として拡声器による宣伝放送を再開した。これは、北朝鮮住民に韓国側の主張を拡声器に乗せて聴取させる事を目的とした放送の事を意味します。何かと話題の「対北放送」。一体どんな放送なのでしょうか?

更新日: 2016年01月11日

shiro05さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 5972 view
お気に入り追加

韓国軍の「対北放送」再開が話題となってるけど…。

・2016年1月8日、韓国軍が北朝鮮の「水爆」核実験への対抗措置として拡声器による宣伝放送を再開した。これは、北朝鮮住民に韓国側の主張を拡声器に乗せて聴取させる事を目的とした放送の事を意味します。何かと話題の「対北放送」。一体どんな放送なのでしょうか?

韓国軍は8日正午、北朝鮮による4回目の核実験への対抗措置として、北朝鮮に対する宣伝放送を再開した。

・2016年1月8日。

今回は金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の誕生日(1月8日)に合わせて宣伝放送が再開される

・以前も拡声器による宣伝放送は存在したが、一時中断されていた。その拡声器放送を金正恩さんの誕生日以降、再開するという事。

拡声器による北朝鮮への宣伝放送を開始する方針を固めたが、今回の決定は朴槿恵(パク・クネ)大統領の意に沿ったものだという。

これまで使用された固定式の拡声器に加え、今回は移動式拡声器も投入。また、無人偵察機や対戦車ミサイルも配備し、警戒にあたる。

・物々しい厳戒態勢。

拡声器に乗って放送される内容…その放送内容とは

対北拡声器放送が開始されると、女性DJは明るい声で「韓民族北朝鮮同胞の皆さん、こんにちは」と、まず自分を紹介

DJは最後に「大韓民国で私生活がどのように徹底的に保護されるのかについて調べてみた」とし「北朝鮮同胞の皆さんも一日も早く個人的な生活を侵害されない社会で生きることができるようなってほしい」と強調した。

・韓国の個人情報保護法に関するニュースを流したときのコメントらしい。

・もちろん、金正恩さんの体制を批判する内容が含まれるという

宣伝放送は、北朝鮮指導部の実態や人権弾圧、韓国の豊かさなどを拡声器を使って北朝鮮の軍人や住民らに伝える心理戦の一つ。

放送内容は大きく、「ニュース」「韓国社会の発展の様子」「北朝鮮の実情」「南北同質性回復」 「北朝鮮の体制批判」に分けられる。

・韓国がいかに発展しているかという事を北朝鮮の国民に知らせる意図が大きい。

核実験にも言及し、「北は核実験で経済難にさらに拍車をかけた」と非難するとされる。

・政治的な話ばかりではなく、何故か天気予報も伝えられるという

北朝鮮の天気情報を放送するのは、韓国側の正確な天気予報に基づいて北朝鮮の住民たちが洗濯をするなど実生活に役立たせ、韓国側の科学技術の優越性を肌で感じさせるという趣旨

例えば「あしたは雨が降るから洗濯物を干すな」といった生活に密着する内容が流されます。すると翌日、本当に雨が降ります。

・韓国の気象庁が出した予報を北朝鮮側に流すと…北朝鮮国内の天気予報より精度が高いという事のようです。

こういった経験を繰り返すと、放送を聞いている北朝鮮軍兵士も知らず知らずに段々、韓国側の放送内容を信じてしまうのだそうです。

・そこまで北朝鮮の天気予報は韓国より劣っているのだろうか…。

・そして極めつけは、日本でもお馴染みのK-pop

また、天気予報やラジオドラマのほか、BIGBANGや少女時代などが歌う最新のK-POPも含まれる。

・何れも日本でお馴染みのK-popグループだ。

選ばれた楽曲には「BIGBANG」の他、女性アイドルグループ「ヨジャチング(GFRIEND)」などの曲も含まれ、歌や歌詞はさまざまジャンルや主題にまたがっている。

韓国国防省高官は8日、地元の記者団に対し「最近の人気曲を幅広く選び、興味をそそる内容にした」と語った。

・残念ながら日本に向けて拡声器が向けられているわけではないので、日本でこの放送を聴くことは出来ない模様…。

1





shiro05さん



  • 話題の動画をまとめよう