1. まとめトップ
  2. カラダ

もっと早く知りたかった!美しく見えるデスクワークでの「座り方」

姿勢がキレイな人には自然と惹かれますよね。最初は注意していても、だんだんと崩れて行く姿勢…。あなたも見られているかも知れません。美しく見えるデスクワーク中での座り方をまとめてみました。

更新日: 2016年01月13日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
375 お気に入り 76109 view
お気に入り追加

▼やっぱり姿勢がキレイな女性は素敵に見える♡

凛としたっていうか姿勢とか仕草とか指先とか座った時の脚とかそういうのがキレイな育ちの良さそうな人っていいね

▼姿勢がピシっとなっていると仕事も出来そうって思っちゃう!

最初は気を付けていても、どんどん崩れてしまうのが姿勢…。姿勢が悪いと印象も悪いですよね。

□あなたも今日から姿勢美人!デスクワーク中での美しい座り方。

正しい姿勢は、自然とキープしやすい姿勢で、一度身に着けると、疲れにくくなり、消化もよくなり、印象・気分もポジティブになる

①座る時は、骨盤を立てることを意識して。

胸を張って、おへそをやや前に出すイメージで座りましょう。「骨盤が立った状態」とは、骨盤が正しい位置にある状態のこと。

②背筋を伸ばす。自然なS字になるように意識!

無理にビシっと伸ばすよりも自然なS字になるように意識しましょう。こうすると、腰に負担もかかずにラクに美しく見えます。

人間の背中は緩やかなS字を描いているのが本来の形です。
S字を描くことで頭の重さや衝撃を和らげることができます。

軽く胸をはります。背中側で肩甲骨を無理に寄せようとする必要はありません。肩の力を抜き、少し胸を広げてみましょう。

これなら同じ姿勢を保つことが出来ます。

背中が丸まらないように、腰にクッションを置いてみよう。背筋を伸ばすためのクッションもあるので、それを利用してもいい。

③太ももをそろえて膝をつける。足の裏を床にしっかり着ける。

足は組まず、足の裏を地面につけましょう。

太ももをそろえて膝をつけましょう。
この時、膝の角度が90度になるよう、イスの高さを調整すると◎。

正しい椅子の座り方は、両足の裏が地面についている状態。
足を組んだり、前に投げ出したりしない

足がつま先立ちになる・宙に浮くほど高すぎる椅子は腰まわりの筋肉が緊張しやすいので、調整すべきです。

④出来るだけ背もたれは使わない。ないものとして。

重要なのが、イスの背もたれを使わないこと。美しく見えるだけじゃなく、インナーマッスルである背骨に付随する脊柱起立筋も鍛えることが出来ます。

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう