1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

しくじり先生神回w…間寛平、木根尚登先生が面白すぎる

しくじり先生スペシャルに間寛平と木根尚登が登場。これまでで一番笑った面白い回だったのでまとめたくなるレベルでした。

更新日: 2016年01月11日

114 お気に入り 285077 view
お気に入り追加

▼今回のしくじり先生は神回だった

面白すぎて腹筋崩壊

しくじり先生が余りにも面白すぎて涙出た。過去最高の神回。

■しくじり先生スペシャルがオンエア

TM NETWORKのギタリスト・木根尚登、間寛平が1月11日(月)放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」(テレビ朝日系)に出演。

■間先生は借金返済に追われる地獄

借金に追われて自殺まで考えた過去や、マラソンが走れる芸人として定着するようになったいきさつを語った。

24歳でよしもと新喜劇の座長に就任し、若くしてブレーク。今やお笑い界の大御所だが、華々しい活躍の裏で、長年、借金地獄に苦しんでいたと告白する。

“すぐハンコを押して保証人になっちゃう先生”として“安易に保証人になって他人の借金で地獄を見ないための授業”

人柄が良く、芸人仲間や後輩からも信頼され、頼まれると断れない性格。そんな性格が災いし、契約書に安易にハンコを押してしまい、ついたあだ名は「歩くハンコ屋」。

自分では1円も借りていないのに、保証人を引き受けたため、総額1億円もの借金を背負うことになってしまったという。

「ハンコを押して保証人になる」→「逃げられる」→「借金を背負わされる」→「返済に困る」→「怪しい誘いが来る」→「ハンコを押して保証人になる」という“ハンコ無限ループ”がはじまり、借金もどんどん膨らんでいった

一発逆転を狙って人気キャラクターグッズを制作した間だが、まただまされ裁判沙汰になるなど壮絶な経験も。

▼アメママン裁判、アメマロケットで盛り上がるTL

やばい今やってる しくじり先生おもろすぎww アメママンww

アメママンとは?

#しくじり先生 の間寛平/アメママンが面白すぎるw pic.twitter.com/SWUbp8j1QB

バッタもん屋のおっさんと一緒によしもとを通さずに開発したグッズ。しかし、逆に借金を背負うことになった。

アメマバッチで、ドラマを作ったらなんだか凄い事になりそう。題名は「アメマロケット」主役は、間寛平さん本人で決まり #しくじり先生 #tvasahi #アメママン #アメマバッチ pic.twitter.com/UMY3CtfFmo

下町ロケットよりおもろい!からのアメマロケットは最高やったw

借金に追い詰められ、幼い娘と心中しようとまで考えた過去を激白する。

後述。

■木根先生はエアギターでしくじり

TMネットワーク演奏時はエアで、おしゃべりが大好きなのにサングラスをかけた宇宙人として振る舞わなければならなかった話。

「Get Wild」「Self Control」など、数々の国民的ヒット曲を生み出したTM NETWORKのギタリスト・木根尚登

“ギターが弾けないのにギターを弾けるフリしちゃった先生”として“安易に嘘をついて、後で地獄を見ないための授業”

ギターを弾きながらかっこよく教室に現れるものの、実はギターの音が出ていないという自虐的な登場シーンで生徒たちを驚かせる。

軽い気持ちで嘘をついたら、それが様々なしくじりにつながってしまったことを明かし、自身に襲いかかったとんでもない地獄の数々をカミングアウト。

1 2





ユーロの行方さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう