1. まとめトップ
  2. カラダ

ついついやっちゃう!見直すべき「シャンプー」のNG習慣5つ

シャンプーはヘアケアの基本。毎日何気なく使っているシャンプー、 正しい方法で髪は洗えているのでしょうか?

更新日: 2016年04月26日

LuvShmmyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
443 お気に入り 278306 view
お気に入り追加

▼ヘアケアの基本は、正しいシャンプーから!

当たり前のように毎日しているシャンプーですが、人から教わったわけでもなく皆さん知らぬ間に自己流でしているものですよね?

シャンプーは” 基本となるヘアケア “と呼ばれるぐらい本当は重要なものなんです。

毎日“なんとなく”髪を洗い続けていると、頭皮や髪に大きな弊害をもたらすことに……。

シャンプー選びも大切ですが、どんなに良質なシャンプーを選んだとしても、その使い方が悪いと、どうにもなりません。

①寒いとついシャワーの温度も熱くしてしまう

熱すぎるお湯は頭皮の乾燥を招くので注意が必要です。洗髪のときは38℃~40℃前後で「ちょっとぬるいかな」と感じる温度がベスト。

40度以上のお湯の場合は、シャンプーをしなくても皮脂が落ちていきます。

乾燥すると、皮膚を守ろうとして余分な皮脂が分泌されて頭の臭いがきつくなってしまうのです。

②サッと髪を濡らしてすぐシャンプーをしてしまう

シャンプーをする前にお湯で頭を濡らすことと思いますが、その際、髪の毛や頭皮をしっかりすすぎ洗いしているでしょうか?

髪に汚れがついているとシャンプーの泡立ちが悪くなるんですよね!

実は髪の表面についた汚れやヘアスプレーなどはお湯だけでもそれなりに洗い流すことができます。

ここでしっかり流す事で約70%の汚れは落とせるんです

頭皮にいきなりシャンプーをつけても、汚れがたまっているとなかなか泡が立たず、十分に洗うことができません。

③シャンプーの原液を直接頭皮につけてしまう

ボトルからシャンプーを手のひらに出し、原液のまま直接頭皮につけている方は要注意。

シャンプーを手にとって、そのまま髪や頭皮に乗せるのはトラブルの原因です。

シャンプーは水を加えて泡立てたときにちょうどよい洗浄力になるように作られています。

水を加える前のシャンプーは濃度の濃い原液になり、頭皮に強い刺激を与えてしまいます。

いきなり髪の毛にシャンプー剤をつけるのではなく、まずは手のひらで泡立ててあげましょう!

④爪を立てて髪の毛や頭皮を洗ってしまう

爪を立てて力いっぱい洗うと、頭皮が傷つき、それが原因で炎症を起こしかゆみに繋がる場合があります。

髪の毛を洗うのではなく、頭皮をあらいます
痒い所があるからって、間違っても爪を立てない

汚れを効果的に落としたいなら、額の生え際から頭のてっぺんに向かって指を滑らせるように洗いましょう。

シャンプーで洗うのは「髪の毛」ではなくて「頭皮」であると意識をしましょう。

シャンプーの泡が頭皮に浸透すれば汚れは落ちますので、必要以上にこする必要はありません。

1 2





LuvShmmyさん

「衣・食・住」に関する事を中心にまとめます。日々のライフスタイルが少しでも楽しくなってもらえたらと思ってます。。。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう