1. まとめトップ
  2. カラダ

すごくおいしいけれど…運動後にお酒を飲むって身体に悪影響だった

思いっきり身体を動かしたあとの一杯っておいしいですよね。でも、実はこれ、身体に悪いものでした…。トレーニング効果までなくなってしまうようなので注意が必要です。

更新日: 2016年01月16日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
48 お気に入り 36359 view
お気に入り追加

▼運動してからの一杯っておいしいよねー♡

ランニングしてからの水泳からの軽く飲みで疲れた、、でも運動すると気持ちがいいな! 運動後の酒も美味いし(*´ω`*)笑

運動後のビールは最高!!!!今日も酒がうまい!!!!

▼身体を動かしたあとだから、その一杯が染みわたる!

思いっきり身体を動かしたあとの味は格別!

▼でもね、すごくおいしいけど、運動の意味がなくなるらしい。

汗をかいた後の1杯はおいしい。だが、杯を重ねてしまってはせっかく運動の効果が帳消しになってしまう。

アルコールは代謝時に最優先で使われます。
つまり脂肪の燃焼を抑えてしまう

▼えっ、どうして?1番の理由は「飲み過ぎる」から。

運動した日は普段より飲酒量が増えるんだとか…!

がんばってトレーニングしたから今日は飲んでもいいと思ったのだ。しかしストレスがたまって、つい飲みすぎてしまった……。

運動後のご褒美としてより多く摂取してしまう、もしくは身体を活発に動かしていると、より多くアルコールを消費する機会に遭遇する

□他にも色々あるみたい…。運動後の飲酒が身体に及ぼす悪影響。

・脱水症状。

アルコールは、血液中の抗利尿ホルモンの分泌を抑制するため、利尿作用があります。そのため、摂取した水分以上に体から水分が奪われて脱水を引き起こします。運動で水分が失われがちなところに、追い打ちをかけてしまうので注意!

アルコールは水分に比べ吸収が早い上に、運動後のからだは水分を早く吸収しようと吸収率が何倍にも高まっています。

体に水分が足りない状態でアルコールを飲んでしまうと、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる「血栓」ができやすくなるので要注意

アルコールには、水分補給に役立たないどころか、さらに細胞の水分を勝手に細胞の外へ出してしまう作用がある

軽度の脱水でも、頭痛やめまい、失神、渇き、顔面蒼白、震え、筋肉の痙攣など、様々な不快な症状を引き起こします。

・酔いやすくなる、二日酔いしやすくなる。

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう