1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

どれも濃すぎ、スターウォーズを負かした映画たち

まさかSTARWARS(SW)が1位じゃないとは…。

更新日: 2016年01月15日

rinndou9900さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
45 お気に入り 150881 view
お気に入り追加

妖怪ウォッチ、スゴッ!!

出典ga-m.com

12月19日に公開された映画版の妖怪ウォッチ

今作は映画第2弾で、公開前から何かと話題に!

映画「妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」が公開から2週連続で「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を抑え観客動員トップを記録。

『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』やっと観てきた。長編だった劇場版一作目と違って、五本の短編で構成されたお話。妖怪ウォッチは短編と相性イイので、これはイイ作りだなーと思った。

「ショートストーリーがあったけど、全部本編に関連していたので良かった。感動するところが何個かあり一作目より良かったです。」

妖怪ウォッチの生みの親である日野氏は「世界と戦えた喜びがありますね。今後はハリウッド進出も目指して、3作目の映画も過去にない仕掛けにしたい」とさらなる展開を力強く誓った。

ベトナムでもリメイク映画が1位に

ベトナムでは、韓国映画「怪しい彼女」をリメークした両国合作映画「私があなたのおばあさんだ」が2週連続でボックスオフィス1位となり、「フォースの覚醒」を抑えた。

主人公は、毒舌で頑固な73歳のおばあちゃん。ある日突然20歳の姿に若返り、歌手になる夢を追いかけて青春時代を取り戻そうとする内容。

日本では、映画「あやしい彼女」(2016年4月1日公開)のタイトルで、多部未華子と倍賞美津子が初共演し"二人一役"を演じる。

韓流もまさかのスターウォーズを超え

2005年、エベレスト登山中に死亡した故パク・ムテク隊員の遺体を収拾するために、再び登山に挑んだ山岳人オム・ホンギル隊長と遠征隊を描くヒューマンストーリー。

「自然の恐ろしさと、それに立ち向かう熱い男たち…正直、ストーリーが明快なので見ていて分かりやすいし感動します。」

現在、映画「ヒマラヤ」の観客動員数が700万人を突破し、山岳映画に対する常識を壊したと話題になっている。

日本で公開される日が待ち遠しい!

これらの状況にハリウッドが震撼…!

Photo by Image Source / DigitalVision

ハリウッドリポーターは「世界の映画館をスターウォーズが支配する中、韓流がスターウォーズ『フォース』に抵抗している」とし「韓国とベトナムがスターウォーズ抵抗軍の拠点であり、その根幹にはアジアを支配している韓流ブームがある」と分析した。

また、宇宙を背景にしているうえ英雄神話や善悪対立など「西欧的文化コード」が現実的な話が好きなアジア観客の好みに合わないためだと、専門家らは分析。

ハリウッドリポーターは「スター・ウォーズ」が興行成績で押された理由を分析しながら「韓流がアジアでトレンドをリードしている」と評価した。

Photo by Stockbyte / Stockbyte

1





rinndou9900さん

大人女子に向けたまとめを作って行きたいと思います~~♪

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう