1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ホッコリ♪傘がつなぐ「お互いさま」のシェアシステム

ちょっと、ほっこりする傘を貸し借りする取り組み。

更新日: 2016年01月23日

loadtypeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
60 お気に入り 65467 view
お気に入り追加

自販機メーカーのダイドーが、こんな取り組みを始めた

出典entabe.jp

これが増えれば、突然のにわか雨でも、大丈夫です!

みんなで使う傘なので借りたら、ちゃんと返しましょう。

ダイドードリンコが、傘を無償で貸し出しする“レンタルアンブレラ(貸し傘)”サービスを試験的に始めました

地域社会貢献活動として、ダイドービバレッジサービス・なにわ営業所(大阪市西区)が管理する60台の自動販売機で試験的に始めた

BOX内の傘を無償で貸し出す。利用者には後日、同じ自動販売機のBOXに返却してもらうという流れ

とはいえ、返さない人もやっぱり出るよね…。

鹿児島市交通局の市電「かえるの傘」は、忘れ物の傘を再活用

先程の撮り鉄納めに。 最後はやっぱり鹿児島市電。 短い時間だったけど、なかなかいい車両が来てくれた。 pic.twitter.com/XCkwZQxLG0

鹿児島市の街中を走る電車には、無料傘がある。

「勤めから戻りました時お世話になった『かえるの傘』はやっぱり必要と思います。買える分買ってくださると幸せです」

と、現金25万円の入った封筒と手紙を置いていく人もいたりする。

鹿児島市交通局は急な雨などの際に、乗客が無料で利用できる傘を置き、それを「かえるの傘」と名付けた

交通局は、乗客が車内に置き忘れた傘を県警に届け、保管期間が過ぎて戻ってきたものを貸傘として活用している

鹿児島市中を走る路面電車。乗降口付近に「かえるの傘」と呼ばれる傘が一本備え付けてあるのが特徴。急な雨降りや降灰の時に誰でも借りられる共用傘で、返却はどの車両でもOKなんだそうです。 twitpic.com/802wmq

市電のかえるの傘初めて利用した。そしてもっかい乗ったからちゃんと返した。善行。

皮膚科帰り、雨が降りだした。バスに乗りながら絶え間なく動くワイパーを見て、しまった、濡れて帰るかと思った私の目に入ったのは、市バス・市電内に置いてある『かえるの傘』。運転手さんに声をかけてありがたく借りて帰宅。ありがたいなぁ。助かる♪次、キチンと返しとこ。

次の誰かに回すために、返してくれることを信じて。

借りた傘を返すと地域に貢献できる「シブカサ」

渋谷でやってるシェアサービスでは、傘を借りて返すほどにいいことした気分になれる仕組みにした。

渋谷の街に忘れ物として放置されたビニール傘を再利用し、無料レンタルするプロジェクト「シブカサ」

渋谷エリアの協力店舗に「シブカサ」を置き、傘を返却すると地域通貨「アースデイマネー」がもらえる仕組み

折りたたみ傘でさえ持ち運ぶのがめんどくさい。傘をうっかり忘れると新しい傘を買ってしまい、どんどん溜まってしまう問題を解決

傘をみんなでシェアするシステム「UmbraCity」

カナダの大学で、試験運用されてるシェアサービスでは、傘を回収するためにシステムを作った。

タッチパネルで、登録制にしてある。

シェア傘と言えども、ユーザーの傘への責任感を促し盗難を防ぐため、登録にはクレジットカードとEメールアドレスの記入が必要

登録自体は無料

8時間を過ぎると1日2ドル(約240円)、マックスで20ドル(約2400円)の料金が発生し、カードにチャージされる

カナダは、返してくれるようにシステムに組み込んだ。

1





loadtypeさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう