1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

始めるならコレ!のめり込むほど、頭がよくなる趣味

今年こそ、自分を変えたい!そう思うなら、まず「趣味」から始めてみませんか?

更新日: 2016年01月24日

ikelongonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1483 お気に入り 372999 view
お気に入り追加

頭がよくなるには、脳を刺激する「たのしい経験」を積むしかない

「楽しい」と思えることを行うほうが、脳は活性化する

同じ脳を使うのでも、楽しまなきゃ!

のめり込むと、頭がよくなる趣味「ゲームプレイ」

ゲーマーの脳は、いくつかの部分で高度に結合しており、新しい刺激に対してより素早く反応できて、情報をより正確に処理できる

海軍の調査でも、ゲームをすることで情報処理が早くなり、問題解決能力をトレーニングすることができるとの結論

謎解きや推理などのように文章を読み解き与えられた情報の中から正しい行動を選択するタイプのアドベンチャーゲームもの

答えをネットで見ちゃダメ。自分で戦略を立てて試行錯誤してみて。

のめり込むと、頭がよくなる趣味「楽器演奏」

きっと、あんまり迷わなくなってきたなと感じる日がきます。

右利きであれば、左手の小指も使い、普段と違う指の動きがさらに脳を刺激

指を動かす命令をもっと細かなものにしなければいけないので、命令を出す大脳皮質の場所が広がっていく

楽器の練習は、感情を抑制したり、不安感を減少させるといった精神面に関わる脳の皮質の厚さにも関連している

悪戦苦闘の練習の日々が、ピアノ以外にもいい影響を与えるようになります。

脳のワーキングメモリは問題解決能力、社会性、創造性など、人生の成功に関係する全ての基礎。これがピアノで伸びます

最初は全然、うまくならない…。でも、ある日勝手に指が動く日が必ず来ます。

のめり込むと、頭がよくなる趣味「語学学習」

バイリンガルの脳は、言語ごとの「ことば回路」が一つずつ別になっていて、仮に一つが損傷しても、もう一つが生き残る

日本語と外国語、脳の使う部分は別。幅広く脳を使いこなせるように。

「母語で思考する場合」と「外国語で思考した場合」を比較すると、後者の方がより理性的な判断をくだす傾向

クールな頭脳になって、より正しい答えにたどり着くことができるように。

外国語を学ぶと認知機能が柔軟になって、不慣れな状況にも適応しやすくなるみたい

タフになれます。

英会話はキャッチボールのように展開される脳のスポーツだと言っていい

実践で汗と恥をかくほど。あなたの脳は、どんどん賢くなっていきますよ~。

のめり込むと、頭がよくなる趣味「運動」

認知機能を司る海馬は、生涯にわたり再生することができる。海馬の脳神経は、運動により発達し、脳の神経そのものが増える

運動すると、BDNFという物質が脳の中でさかんに分泌。このBDNFが、脳の神経細胞や、脳に栄養を送る血管の形成を促す

速く歩く程度の速さのジョギングを1日10分でも、2週間続ければ脳神経が増え、6週間で認知機能自体が向上することがわかってきた

たった一ヶ月ちょっとで、確実に頭がよくなるってスゴイと思いませんか?

1 2





ikelongonさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう