1. まとめトップ
  2. 雑学

人間関係がギスギス?ゲートボールって意外とゲスい。。

高齢者の方がやるスポーツといえば「ゲートボール」というイメージがありましたが、今ではちょっと廃れてきているみたいです。。。

更新日: 2016年01月15日

28 お気に入り 63724 view
お気に入り追加

最近ゲートボールする人って見ないよね

昔は公園行くとよく見かけたけど

だれもいない公園。何時もここはゲートボールで老人達の交流場になっているのだけれど。 pic.twitter.com/t0RqzK4VHk

キャッチボールするとゲートボールしてる老人に当たって危険というクレームから、この公園ではゲートボールのみ許可するという、凄い決まりが出来た。子供達は追い出された。この現状を見るとどうやら老人は死に絶えたらしい。 pic.twitter.com/roGXsOFPYy

ちょ

衰退理由の1つに「チームワークの煩わしさ」

仲間との一体感を楽しめる一方で「時にチーム内のいざこざをよんでしまう」

「打つ度に指図されるのがいやになってね。なんであいつに言われなきゃいけないんだと腹が立って。もう楽しくなくなっちゃったから」

人に指し図されるのがイヤで辞めちゃう人も

ゲートを通過していくことがゲームの流れだが、相手のボールにぶつけて、相手のボールを簡単にゲート通過させないようにすることが可能

ゲーム時間が30分しかないし、ゲートボールはどうやって「敵の足を引っ張るか」というゲーム展開になりがち

まあ、それがこのスポーツの醍醐味でもあるんですけどね^^;

『貴様!なんでワシのボールばっか邪魔するんだ!』『そんなことはない!』ってなやり取りが、最終的に殴り合いの大乱闘に発展するケースも

そのため、個人競技スポーツが人気

スタートマットから開始し、できるだけ少ない打数で直径36cmのホールポストの輪の中に静止(トマリ)することを狙う

うちのあたりでも観測した限りゲートボールは絶滅してて、やぱし「妨害要素がない」&「個人戦」なグラウンドゴルフ文化になっとるな。

楽しむスポーツの幅も広まってる

今の60代シニアは子供時代からいろいろなスポーツをする機会があり、多様な選択肢から好きなスポーツを選ぶことができる

高齢者の人間関係は、若い人より厄介

若い人よりも老人の方が、頑固というか自我が強い。だから言い争いになると、どっちも引かない

一般に、高齢者は、人の意見を聞かなくなり、幼稚化もはじまり、自我をおさえることが困難になる

だから、こういう事が起こっちゃうのね…

1





ちゃくらむさん



  • 話題の動画をまとめよう