1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

軽井沢バス事故への「報道のありかた」の問題

長野・軽井沢で起きた凄惨なバス事故。大学生を含む14人が死亡したこの事故への「報道のありかた」がネット上で話題になっています。

更新日: 2016年01月16日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
113 お気に入り 615750 view
お気に入り追加

長野・軽井沢で15日に起きた凄惨なバス事故

長野県軽井沢町でスキーツアーの大型バスがセンターラインを越えてガードレールに突っ込み、道路の下に転落した事故。

転落したバスは事故の凄惨さを物語っている

この事故でいずれも大学生の乗客12人と乗員2人の合わせて14人が死亡し、26人がけがをして、このうち男性2人が重体。

運転手を除く死亡した13人の死因は、脳の損傷など頭蓋内損傷が8人、首の骨折など頸椎けいつい損傷が4人、多発性外傷が1人。

バスの車体は、くの字形に大きく曲がり、屋根がつぶれていた。県警は多くが就寝中で、無防備の状態で頭に直接強い衝撃が加わり死亡したのではないかとみている。

バスの運行会社、東京・羽村市の「イーエスピー」については、国土交通省の特別監査で事実と異なる書類を作成していたことが判明。

他にも、運転手の免許証の記載に不備があったほか、運転手が道路運送法で定められた時間を超える長時間労働をしていたことも確認。

このような行為は常態化。会社のずさんすぎる実態が明らかに。

警察は運転手の自宅や会社を過失運転致死傷の疑いで捜索し、バスの運行や安全管理などについて調べを進めている。

大切な命がまたも奪われてしまった

このバスには、教育評論家の尾木直樹法政大教授のゼミ生3、4年生の男女10人も乗っていた。

その内3人が死亡

尾木氏らは現地の病院などを回り、けがをした学生の状態を確認。尾木氏は「むちゃくちゃ悔しい。バス会社や運転手は何をしていたのか」と憤る。

事故現場では、地元の人たちなど多くの方が訪れ、亡くなった人を悼んで手を合わせている。

遺族の方たちに心からお悔やみ申し上げます。

しかし、この事故の「報道のありかた」に関して気になる点がある

15日夜、報道陣数十人が殺到し呼び鈴などを押したが、室内は真っ暗で、家族らが対応することはなかったという。

これは一例。
今回の事故の犠牲者の方たちは、これまでの生い立ちや将来の夢など、個人情報を次々と明かされている。

※写真はイメージ

このような事故の際に必ず挙がる被害者(犠牲者)への「プライバシーの問題」

実際にこの問題については、今回も多くの疑問の声が挙がっている

スキーバス事故まーた被害者のプライベート情報をマスコミが引っこ抜いて流す合戦に突入したのか

犠牲者となった大学生の、これからマスコミに晒される情報としては、自宅とその家族、出身中学・高校と卒アルの写真と「将来の夢」、それと家族や先生、友人へのインタビュー。 #報道ステーション

「事故で死亡が確認された○○さんの自宅には15日夜、報道陣数十人が殺到し呼び鈴などを押したが、室内は真っ暗で、家族らが対応することはなかった。」 報道陣数十人が殺到して呼び鈴鳴らすってどうかしてるよ。 プレスの方々は仕事だから仕方ない?のだろうけど。 むつかしいな。

報道各社が、バス事故の犠牲者の大学生や指導教員の個人的な事を報じていることに違和感を抱く。NHKも犠牲者の実名を報道しているし。ご遺族がどう思われるか分からないが、所属学部、学年、居住地まで・・・そこまで細かく報じる必要があるのだろうか。個人情報保護とか、あれだけ言っているのに。

どの事件もそうやけど いい加減被害者の家族に取材すんのやめてあげて。 何を思いながら取材に応じてるんやろ マスコミ鬼畜すぎる

こういう被害者のプライバシーを晒すようなニュースの「価値」ってなんなのかな?→ Yahoo!ニュース バス転落 未来ある若者犠牲に - Y!ニュース news.yahoo.co.jp/pickup/6187752 #Yahooニュースアプリ

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう