1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

暖冬だと「大雪が降る」って言われるのは何でなの?

1月18日、東京でも雪が降った。今年は暖冬だが、暖冬だと大雪が降る、とよく言われる。それはなぜなんでしょう?

更新日: 2016年01月18日

haru-tomoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
30 お気に入り 44723 view
お気に入り追加

■東京含め各地で雪が!

急速に発達している低気圧の影響で、東日本や北日本を中心に湿った雪が降っていて、東京の都心など関東の平野部でも雪が積もっているところがあります

東京都内では、17日夜から降っていた雨が、18日未明に雪に変わった

埼玉県秩父で23センチ、埼玉県熊谷と群馬県前橋で10センチ、神奈川県横浜でも4センチの雪が積もっている

おはようございます(*^o^*)朝から雪で電車遅れ。電車が来ても乗り込めず…。いつになったら電車に乗れるんだろうな…(´-ω-`)

■今年の冬はエルニーニョ現象が原因で「暖冬」傾向だが…

気象庁は12日、世界各地に異常気象などをもたらすとされる「エルニーニョ現象」が昨年11~12月にピークとなり、今後は次第に弱まるとの予測を発表した

この冬は広い範囲で暖冬傾向が続き、春の訪れも平年より早くなる可能性があるとしています

気象庁の発表によると先月(12月)の平均気温は全体的にかなり高く、東日本の月平均気温は普段より2℃近く高くなり、横浜など19地点で1946年の統計開始から12月としては最高気温となったそうです

今月4日には各地で3月中旬から4月中旬並の暖かさとなり、気象庁によると全国の43の観測地点で、1月として統計を取り始めてから最も高い気温を観測した

■そういえば暖冬だと「大雪」が降るってよく言われる

暖冬になると雪が降る事が多いと昔から言われているようですね

今年は暖冬で雪も少ないから安心と思った人も多いですよね。しかし実は安心できないんです。暖冬の場合は局地的に大雪になることがあるんです

暖冬ほど、関東平野に寒気が流れ込むと大雪になるのはいつものこと… 夏ならゲリラ豪雨、冬なら大雪になる

暖冬だったのに、一転大雪に様変わり。 我が家のバンコニーも白絨毯。

暖冬と騒がれてますが、一度に大雪が降るのも暖冬の特徴ですので、予期せぬ大雪に備えて万全の態勢をとりやしょう。

・確かに、過去も暖冬で大雪が降っていた

暖冬だった09~10年には九州でも大いに雪が降った。03~04年には青森などで降雪記録が出た。97~98年は首都圏に大雪が降った

2014年は、10年に一度の寒波の影響で大雪に見舞われ、雪かきの道具を買いそろえたという方も多いかもしれません

■暖冬で大雪が降るという理由は「低気圧」

1 2





haru-tomoさん

気になった事をまとめていくよ!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう