1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ロシア人の発想から学ぶ"斬新なアイデア"の作り方

ロシア人、すげえ・・・。

更新日: 2016年01月18日

まっすぃさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
494 お気に入り 70248 view
お気に入り追加

なんだ、これ…と度肝抜かれたこのコンセプト

すっげー斜め上だ…。
けど…確かに全員助けられる方法。

飛行機の中にコンテナが積まれており、コンテナ内に座席が設置され、事故が発生すると、飛行機からコンテナが放出される

コンテナごと巨大パラシュートでゆっくりと降下する

パラシュートを使うのには、長い訓練が必要。それなら、客室ごとパラシュートをつければ。

【ロシア人の発案者】
「世界の航空エンジニアは飛行機をより安全に作ることに注力してきたが、人為的ミスについては無力だ」

ロシア人、目のつけどころがちげぇ…。

ロシアの発明って、なんか斬新wそれには、理由がある

Photo by Michael Blann / DigitalVision

航空機の墜落事故なら、死傷者が出るリスクを減らすより「死傷者ゼロ」にできるアイデアを探す。

究極の理想が正解という考えを使い「低○○」でなく「○○ゼロ」を目指す

「漏れなく網羅的にチェックすること」より、「優れた解決策を何か1つでも創造すること」を目的とする

問題点を一個づつ解決しようとしないで、一気に解決したがる。

Photo by Sam Edwards / OJO Images

シンプルな仕組みだと壊れにくいので信頼性が高く、人の手でもコストをかけずに修理できるから。

複雑高度な仕組みより、単純明快な仕組み

たしかにシンプルな仕組みだと、壊れにくい。

目的の本質を理解して、それを実現する方法の中で、ハイテクより、ローテクを選択する

ローテクだと、メンテが楽だし、かかるお金も安くすむ。

宇宙船ソユーズは基本設計が旧いとはいえ、毎回「新品」を作って打ち上げているわけで、信頼性が高いのは当たり前

旧い技術でも、新品ならむしろ安全。

Photo by Phil Ashley / Photodisc

この問題には、過去の解決法を生かせないか試す。

ロシアの研究家が、特許を何十万件も分析すると、「ある分野で新しい解決と思われていたことの9割は他の分野で解決済みだった」

ロシアの発明法は、どうやらこの考え方で進められてきたようで。

ロシアの発明法のベースは、ソ連時代から受け継がれてるもの

Photo by Paul Bradbury / OJO Images

ソ連時代に、問題を解決する方法を発明するときに使っていた思考法。

TRIZでは発明の全ての問題は、あるシステムのAを改善しようとすると、別のBが悪化するケースだとした

AもBも同時に解決するために、表で表わした「技術的矛盾マトリックス」と、矛盾を取り除く「発明原則の40パターン」を考案

解決したいテーマを決めて、そのテーマをチェックリストに照らし合わせてアイデアを発想していきます

問題の現象と、解決法の例を組み合わせて、素晴らしいアイデアを生み出す手法がTRIZ。

素晴らしいアイデアとは、一つの回答で複数の問題が解決できるアイデアだそうだ。

一つの回答で複数の問題が解決できるアイデアを探します。

問題解決法「TRIZ」のやり方

Photo by Jupiterimages / Stockbyte

例:大量に素早く氷を作りたい喫茶店の製氷機。でも、急いで凍らせると、氷が白く濁ってしまう。

目の前の問題を、「今回はどのような矛盾があるのか」と分析する

表で表わした「技術的矛盾マトリックス」を使って、矛盾点を探します。

家庭用の製氷皿では、凍らせる時間が短く、外から氷になっていく

凍らせる時間が短いと、外から氷になっていき空気を取り込みやすくなるのが根本的な原因。

ここで、発明原理<逆発想>(逆・反対にしてみる)を使うと。

逆に言うと水を流しながら凍らせると、純度の高い氷ができつつ、不純物はどんどん流れていく、ということ

外から凍ると白く濁るなら、中から凍らせればいい!

この発想から製氷器は、製氷皿を金属で作り、ひっくり返して冷やし、それぞれの穴に下から噴水のように水を吹き上げ氷を作っている

皿を置いて不純物がたまるなら、冷やした皿をひっくり返して、下から水を吹き付けるアイデア。

「普通は水が容器に合わせてその形に凍る。でも、この装置では目的のために、『水の性質に合わせて、容器を合わせた』という逆発想

「逆・反対にしてみる」というアイデアで、問題が解決。

1 2





まっすぃさん

仕事の悩み、使えそうなものをまとめます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう