1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

いつの間にか「頑張れ」が日本中で嫌われる言葉になってた

そんなにダメな言葉だったのか。。

更新日: 2016年01月18日

smbmoonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
384 お気に入り 270753 view
お気に入り追加

人を応援するとき、何て言いますか?

東日本大震災で被災された方々からも「頑張ってという言葉が辛かった」という声が出ていたのは記憶に新しいところ。

自分では頑張ってるのに、頑張ってって更に言われると頑張ってるように見えないのかなって落ち込みますけどね。

普通の人なら有効だけれど 少なくとも知らん次元の人には言わん 頑張れと言われすぎてたり 「頑張ってるわっ!」 って思う人もいるし そもそも頑張れ言われるという行為自体にストレス感じる人もいるし 各言う私も捻くれてる人間なので頑張れって言われると「あ゛?」ってなるタイプ

最近あんまり聞かないと思ったら

この放送禁止用語は常に増えているが、近年は意外な言葉まで対象となりつつあるという。

日常的に使うことの多い『頑張れ』とか『頑張って』など、誰かを応援する意味で使う言葉が規制されつつあるんです。

過労死が増えていることから『仕事を頑張れ』という表現は弁護士や市民団体などからクレームが多いとのこと…

伊東ライフも松岡修造も放送禁止用語になってしまわれる… 「頑張れ」が放送禁止用語に!? 異常事態のTV自主規制2パターン news.nicovideo.jp/watch/nw1991655 #niconews

確かに…!!

結局、「言われる側」の問題らしいけど。。

つまり、頑張って!って言われるような状態に陥ってる人

ショックな出来事があった直後は、ダメージが大きい為、かけられる言葉にも敏感に反応しがちです。

「無責任な発言に聞こえる」「わかったような事を言われるのに不快感を感じる」というのも、受けて側の精神状態によるところが大きいもの。

頑張れっていう言葉は聞いた相手がプレッシャー感じるとかで放送禁止用語になってるっぽいけど、それは相手の受け取り方次第だと思うっていうマジレスここに置いときますね

うつ病の患者さんに言っては行けない禁句の言葉は「頑張れ」。

「私もしんどいよ」 「みんなつらいんだよ」

この2つも、鬱の人が辛いと感じてしまう言葉のようです。

うつを軽く見るような発言は相手の病状に無頓着あるいは無責任な発言になり、「自分の事を全然分かっていない!」といった気持ちにさせやすいものです

▼こんな意見の人もいるみたい

担任の先生が外国人に 「○○、人間そんなに頑張れないヨ〜」 と言われたことがあるらしい。頑張れ!ってみんな気軽に使うけど、日本人特有なのかもね。

なるほど…

今後、「頑張れ」は使わない方が無難?

頑張っている人には「無理しないで」といった肩の力が抜けるような言葉、仕事などで苦しい場面から立ち直った時には「逆にいい機会だったかも知れないね」といった言葉が救いになるかも。

「がんばってるね」、と一文字だけ言葉を置き換えるだけで、その意味合いがまったく違ってくる

認めてる感があります…!

似たような言葉に、「応援してるよ」、「見守ってるね」、などの言葉があります。

ちょっと言葉を選ぶだけで、相手を傷つけずにすむかもしれませんね。

1





smbmoonさん



  • 話題の動画をまとめよう