1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

全部観た?…日本アカデミー賞2016ノミネート作品

日本アカデミー賞2016の優秀作品賞がノミネートされました。海街diary、海難1890、日本のいちばん長い日、母と暮せば、百円の恋…。全部観ましたか?…この中から最優秀作品に選ばれるのは…?

更新日: 2016年01月18日

81 お気に入り 84640 view
お気に入り追加

■日本アカデミー賞にノミネートされた作品が発表された

第39回日本アカデミー賞は1月18日、正賞15部門各優秀賞および新人俳優賞を含む正賞外賞を、東京・グランドプリンスホテル新高輪で発表した。

最優秀作品賞の候補となる優秀作品賞に選ばれたのは、『海街diary』、『海難1890』、『日本のいちばん長い日』、『母と暮せば』、『百円の恋』の5作品。

日本アカデミー賞協会の岡田裕介会長は、「10分くらいで話がつくくらい、今回はすんなり決まっております。順当な5本ではないかと思っています」と選考風景と講評を明かした。

授賞式の総合司会には、おなじみの西田敏行と、昨年「紙の月」で最優秀主演女優賞に輝いた宮沢りえ。

■大本命は海街diary

2013年にマンガ大賞を受賞した吉田秋生(あきみ)さんのマンガを是枝裕和監督が映画化

劇中で4姉妹を演じた綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずはそれぞれ、優秀主演女優賞(綾瀬)、優秀助演女優賞(長澤・夏帆ともに)、新人俳優賞(広瀬)に選ばれている。

鎌倉で暮らす三姉妹と15年前に家を出ていった父親の死をきっかけに引き取られた異母妹の四女が、それぞれ複雑な思いを胸に本当の家族になっていくまでの1年間を描く。

海街diary観ました! とっても綺麗な映像と素敵なお芝居に感動…とっても勉強になりました。 pic.twitter.com/xNhEBqua5N

▼残り4作品の紹介

・日本とトルコの合作映画「海難1890」

主演:内野聖陽、忽那汐里
その他キャスト
夏川結衣、宅間孝行、永島敏行、ケナン・エジェ。

「海難1890」は、1890年(明23)に和歌山県串本沖で発生したトルコ軍艦エルトゥールル号遭難事件の際、地元の漁民が救出に当たった恩を忘れなかったトルコが、1985年(昭60)にイラン・イラク戦争でテヘランに取り残された日本人を脱出させた、実話を元に描いた友好の物語

映画は日本パートと、トルコで撮影が行われたイランパートに分かれる。

10年を費やして映画化を実現した田中光敏監督(57)は「助けを求める者がいれば、手をさしのべる。共通の思いを持った両国の絆の物語だ」と語る。

お前ら海難1890絶対見ろ。 映画で泣いたのは初めてなのに、スタートから終わるまでひたすら泣き続けて目が痛い。 トルコの大統領の祝辞で始まるとか卑怯すぎるやろ。 やさしい気持ちになれる。ありがとう。ありがとう。

・ノンフィクション映画化「日本のいちばん長い日」

主なキャスト
役所広司、本木雅弘、堤真一、松坂桃李、山崎努。

終戦間際の1945年を舞台に、昭和天皇をはじめ、太平洋戦争を終結させようと尽力した男たちを描きつつ、本土決戦を望みクーデター事件を企てた陸軍将校たちの姿もとらえ、さまざまな人物の視点から日本の歴史が変わった瞬間に迫る。

太平洋戦争を終わらせようとする昭和天皇(本木雅弘)、鈴木貫太郎首相(山崎努)、阿南惟幾陸相(役所)ら当時の要人の努力を描き、“日本のいちばん長い日”に何が起こっていたのかを映し出す。

1 2 3





ユーロの行方さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう