1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

きみ、会社を舐めてるの?「ビジネスシーンのNGワード」をまとめてみた

ビジネス言葉も徐々に変わってはいるようですが・・。

更新日: 2016年01月18日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
636 お気に入り 206984 view
お気に入り追加

▼ 「ビジネスシーンのNGワード」をまとめてみました。

◇ 「したつもり」

上司からミスを指摘されて、「ちゃんと確認したつもりだったんですが…」なんて言っていませんか?「○○したつもり」という言葉は、彼氏には許されても、ビジネス上では許されません。

言い訳っぽく自分の非を認めない傾向にある人がよく使ってしまうキーワード。結局、出来ていなかった事は事実ですから、あれこれ言っても相手は聞いているのさえうんざりしてしまいます。

〜したつもり。なんて、自己満足で無責任で言い訳中の言い訳だな

◇ 「できません」

思わず、「出来ません、そんなの無理です!」って言いたくなってしまうことでしょう。しかし、「出来ません」ときっぱり言い切ってしまったら、次に仕事が来なくなる可能性があります。

断るときは、「せっかくですが」、「ありがたいお話ですが」のように感謝の気持ちを伝えると角が立ちません。

【例】
・できません
→申し訳ございませんが、いたしかねます。

昼に職員食堂で電車止まったから出勤できませんって部下に言われて怒ってた上司が飯食いながら大声で同僚に文句言ってたのがうるさかった

◇ 「どっちでもいいです」

上司の提案の返答として「どちらでもいいです」はまずいんです。なぜなら、この人判断力のない優柔不断ちゃんだな…と思われてしまうから。

本当にどちらでもいいと思うときには、絶妙の表現があります。
 
「お任せします」です。

何かと自分の意思がない部下。 「どっちにする?」 「どっちでもいいです。」 「何がいい?」 「何でもいいです。」 「一回自分で決めてみろ」 「僕自分で決められないんすよ」 「残業頼んだ!!」 「絶対嫌です!!」 嫌いじゃないぜ。

3つ年上の部下に「今度バイトの面接やってみますか?」と聞いた。 「ぜひやりたいです!」 とか 「まだ自分には早いです」 とか返ってくると思ったら   「どっちでもいいです」    と言われて唖然とした…。

◇ 「よろしかったでしょうか」

コンビニやファーストフードなどで「よろしかったですか?」などと言われ、違和感を持ったことはありませんか?なかにはモヤモヤしたり不快に感じたりする人もいるかもしれません。

「〜でよろしかったでしょうか?」とかいう言い回し、別に日本語として間違いだ云々言うつもりはないしどうでもいいと思うんだけど、実際そこそこの歳の男の人とかに使われるとマジかこの人……ってなる

◇ 「了解です」

了解というのは、認めるというニュアンスがあります。上司が部下に対して使うのはOKですが、逆はNG。「承知しました」「分かりました」がベター。

了解です、が上司が部下とかに使う言葉だって知って 気をつけてる

上司に対して「了解です」は間違い これは上司が部下に許可の意味で使う言葉 部下は上司に対して「かしこまりました」と言うのが正しい

◇ 「勘弁してください」

1 2





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう