1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

かわいい関西弁に萌える!「いつ恋」有村架純がキュート!【いつかこの恋を思い出して感想視聴率ロケ5話】

フジテレビの月9最新作「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」スタートしました。ストーリー的にはかなり切なそうな雰囲気ですが…。ドラマの中での有村架純さんがちょくちょく挟んでくる関西弁、あまりにもかわいすぎると燃え捲る声が多数!!たまりません。

更新日: 2016年02月09日

take0518さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
66 お気に入り 179064 view
お気に入り追加

■「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」スタート!

2016年1月18日からフジテレビ系「月9」枠にて放送されているテレビドラマ。

坂元裕二のオリジナル脚本。有村架純は本作が民放の連続ドラマ初主演となる。

女優の有村架純さんと俳優の高良健吾さんがダブル主演を務めるフジテレビの“月9”ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」が18日、スタートする。

東京の片隅で自分の抱える困難にしばられながらも必死でもがき、前向きに生きようとする若者たちの恋を描くラブストーリー。

"月9"の王道ともいえる泣ける青春群像劇『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』はフジテレビ系で1月18日21時~22時09分。初回15分拡大版での放送となる。第2回以降は毎週月曜21時~21時54分の放送。

■月9、坂元裕二のオリジナル脚本の純愛ものです。

リアルタイムで観ていた人は、今も月9見ているのかな?

そう考えると、坂元裕二さんは長きに渡りクオリティの高い脚本を書き続けていて素晴らしいですね。

今からちょうど25年前、『東京ラブストーリー』でブレイクした脚本家・坂元裕二が、再び「東京」を舞台とした「ラブストーリー」を書きおろすということで話題の本作。

「それでも、生きてゆく」「mоther」「最高の離婚」など数々の名作ドラマを書いてきた脚本家・坂元裕二さんが「最後の月9ラブストーリー」との強い思いを込めて描く物語

坂元氏の珠玉のセリフが早くも随所に。練は物語のカギとなる手紙のことを、ある“家具”に例える。音は高校時代の恋愛を思い出し「不思議だよね。好きな人って、いて見るんじゃなくて…○○○」と言う。小道具の飴もいい。

■題名がめちゃくちゃ長い…月9最長だとのこと。

そして、ほとんどの人が元の題名を忘れていく…。

ネットの反応を見ると「いつ恋」が多いようです。確かに言いやすいし、キャッチーですね。

有村架純さんと高良健吾さんのドラマ【いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう】…タイトルが長いww どうしたフジテレビww

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」略して「いつ恋」。。。すみません!勝手に略語作っちゃいました。

長いタイトルですね。恋仲が短かったことを考えると長いです。どのように呼べばいいのか、このドラマ。略して「恋泣」。どうでしょう。

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」のキャストが発表されました。それにしても長いタイトルです。多分「いつ恋」って呼ばれますよ。だって長すぎだもん!

■主演に有村架純、高良健吾と月9らしい人気俳優!

ラブストーリーですし、見た目は重要!!しかも全体的に演技力が評価されている方が多いかと思います。

若い俳優だけだと「学芸会」とか言われがちですが、これはそんなことはなさそうですね。

「人生はつらい、でも恋をしてるときは忘れられる」をキーワードに、東京で生きる若者たちのリアルな今を、有村、高良をはじめ、高畑充希、西島隆弘、森川葵、坂口健太郎ら注目の若手実力派俳優が映し出す。

主演の有村架純、高良健吾、そして今春のNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』のヒロインとしても注目が集まる高畑充希ら。有村と高良はともに20代で民放連ドラ初主演となる。

「月9ということを意識しすぎず、とにかく作品を大事にしたいです。愛情をもって取り組めたら」(有村)、「見ている方たちのパワーになったり、いい時間になったらいいなと思います。それができるのが月9だと思う」(高良)

■高畑充希さんはお色気担当!?

人生初のお色気担当だという事。

こういう役もどんどんこなしてほしいですね。ヒロインの邪魔をする悪女ということで、ちょっと楽しみ。

高畑さんは、月9では広告代理店に勤務し、華やかに生きる女性、日向木穂子役で「人生初のお色気担当で、クランクインから動揺し、緊張もしていました」と明かした。

高畑は高良演じる曽田練の恋人・日向木穂子役で、広告代理店に勤務し、東京で常に高級品に包まれた華やかな生活を送る。生活の苦しい練に金を貸しており、第1話の冒頭ではラブシーンも披露する。

高畑は、自分の好きなセリフを問われると「手ブラ好きと?」を挙げて、「自分が普段なら絶対言わないセリフを話す、実際にいたら仲良くなりたくない女性の役。誰からも愛されているヒロインの恋をこじらせ、邪魔していきます」と悪女ぶりを宣言していた。

■あらすじは切ないものです…。

全体的にトーンが暗めですね。そしてきっと切なすぎるストーリーになりそう…。

泣く準備が必要ですな…。

幼いころに女手ひとつで育ててくれた母を亡くした杉原音(有村架純)は、育ての親である林田雅彦(柄本明)・知恵(大谷直子)夫妻のもと、北海道のさびれた町で暮らしていた。雅彦は音を家政婦扱いし、寝たきりになった知恵は音の介護がなければ暮らせない状態だった。

一方、福島で農業をしていた祖父・健二(田中 泯)に育てられた練(高良健吾)は、健二がだまし取られた畑を買い戻すため、東京の運送会社で働いていた。

1 2 3





take0518さん

映画はアクション、サスペンススリラー、SFが特に好きだが、内容が良ければ何でも観ます。漫画で興味があるのは「NARUTO」「七つの大罪」「ワールドトリガー」。そしてかわいい子が大好きです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう