1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

富裕層トップ62人の資産は下位36億人と同じ額…世界の貧富の格差がひどすぎる

世界の富裕層の上位62人が保有する資産は、世界の人口全体の下位半数が持つ合計と同じ額に達していることが18日までに分かった。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年01月20日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
116 お気に入り 112978 view
お気に入り追加

○予想を超えた世界の貧富の格差

世界の富豪上位62人が持つ資産が、世界の人口のうち経済的に恵まれない下位半分(約36億人)の資産総額に等しいとする推計を発表した。

○1%富裕層が世界の富支配

世界で最も裕福な62人と、世界人口の半分に当たる下位の36億人が保有する資産は同じ-。

富裕層の資産は近年、急激に膨れ上がっており、上位グループの資産はこの5年間で計約5000億ドル増えた。

オックスファムによると、この62人という数字は「ほんの5年前には388人だった」という。

○富裕な層の資産は10年から44%も増えている

推計は、米経済誌フォーブスの世界長者番付など2015年のデータに基づいて行われた。

最も富裕な層の資産は10年から44%増え1兆7600億ドルに達した一方、下位50%の資産は41%減り、1兆ドルをやっと超える程度だった。

○世界の金持ちの資産は複数の国家を合わせたより大きい

マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツの純資産は推定792億ドルで、ベラルーシとスリランカのGDPを合わせたより多い。

メキシコの実業家カルロス・スリムの純資産は、レバノンとウルグアイを合わせたより多い771億ドルだ。

○問題はタックスヘイブン(租税回避地)

外国資本&外貨獲得の為に、意図的に税金を優遇(無税または極めて低い税率)して、企業や富裕層の資産を誘致している国や地域のことをタックスヘイブンと呼びます

オックスファムは、富裕層の個人資産は租税回避地に7兆6千億ドル(約890兆円)あると推定。

一方で富裕層の税金逃れは総額7兆6000億ドルに上っていると推定される。

2000年から2014年にかけてタックスヘイブンに対する企業投資はおおよそ4倍になりました。

○アフリカでは税金逃れが深刻

オックスファムは、「最も裕福な人とその他の人々の差が急速に拡大している」として、世界の指導者に格差是正に取り組むよう呼びかけた。

この税収があれば年間400万人の子供の命を救える上、全ての子供が学校に通うために必要な教師を雇えると強調した。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう