1. まとめトップ
  2. 雑学

知るのが怖い…プチ潔癖な人が気になるアレコレ

頑張れば我慢はできる…本格的な潔癖症でなくても、チョット気になること

更新日: 2016年01月20日

yutoto12さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
147 お気に入り 357752 view
お気に入り追加

最近「潔癖症」の人が増えてるらしい

目に見えない菌が最新機器で見えてしまうことも影響しているそう

さっきスーパーいってきたら、入り口にウエットティッシュがあって、かごの取っ手とか拭いてね。みたいな絵が書いてた。どんだけ潔癖症だらけなんだ

芸能人でも過度の潔癖をカミングアウトする方が出てきています

ドアノブ触れない、帰宅して入浴するまで座らない等、よく聞きます

それほどではない「プチ潔癖」も多い

脅迫観念の様に一日に何度も手を洗うわけではなく、ただ汚いとか気持ち悪いと思うのは、皆それぞれ持っているのでは

握手はギリセーフでも湿ってるとアウト。とか

手作りは好きだけれど、誰かが握ったおにぎりは食べられない。別に潔癖とかじゃないのよ、ただ小さい頃から知っている人だろうが誰だろうが握ったおにぎりは食べられないの。親でさえちょっと嫌だなって思うぐらい。お寿司もできれば行きたくない。サンドイッチは大丈夫。パンだから、あれパンだから。

パンはOK

つかれたぁぉぁあ。暇すぎて。お客さんにたいやきもろてんけど、申し訳ないけど食べれない(´・ω・`) この微妙な潔癖どうにかならんかな(笑)

わたしは潔癖症じゃない。ちょーっとだけ気になるだけで潔癖症じゃない。断じて違う。

認めないパターンw

「気にしてたらキリないし生活に支障が出るから気にしないようにしてる」

それでもちょっと躊躇することある…

【創業以来継ぎ足している秘伝のタレ】

実際に、70年継ぎ足した鰻のタレを化学分析した大学教授がいるらしい

分析の結果、秘伝のたれには「酵母」がいることが判明。発酵することにより腐らずに熟成される

塩砂糖の濃度が高いから腐らないわけではない(タレはそこまで濃度高くない)らしい

香りや微量の脂が混じり合い、とくに燻煙臭がタレに独特の風味をつけることで美味しくなる

「味が深くなる」と言われている

傷みやすいたれが、継ぎ足しながら使えるのは、焼いた具をひたすことによって温度が上がるため

焼時間をかけて低温度殺菌している状態になるそう

結局はお店次第なところも

「規定量以上の添加物や認められていない化学物質の混入がない限り、何十年使い続けても食品衛生法にはひっかからない」

問題が起こったら調査します、ということらしい

お店次第ですが、一般的には新しいタレに古いものを混ぜて作ります。その時加熱しますし古いタレは漉していれます

繁盛店では数週間から数ヶ月で入れ替わるとも聞きます

お店としては、熟成された旨み成分を引き継ぎながら日々きちんと品質管理をしているということ

手入れをしながら引き継いでるみたい

【電車の座席】

クリーニングは月に1回程度。会社にもよりますが連結部分のドア付近にクリーニング履歴のカードが掲示されている

いつクリーニングされたかわかる仕組みがあったのか…

終電が終わると掃除と点検で、座席に付いた汚れが落ちそうでなければ、取り替えます。外した座席は、特殊な洗浄をするかシートを張り替えます

電車の基地にスペア座席が置いてあるそうな

出典p.twpl.jp

目に見える汚れや濡れについては気をつけているよう

新幹線で隣の席が濡れていた際は駅員さんが座席の「座」の部分を抱えて乗車し、手際よく濡れている部分を取り替えた

新幹線は外しやすそう

【自宅以外のウォシュレット】

1 2





yutoto12さん



  • 話題の動画をまとめよう