1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

まじかよ…「定年後」にバリバリ稼ぐ高齢者たち

日本のじいちゃんばあちゃんすごい。夢と希望をありがとう

更新日: 2016年02月26日

HEATTOさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
305 お気に入り 268089 view
お気に入り追加

直木賞をとった「60オーバー」のおっちゃん

青山文平さん(67)

若々しいお方です。

見よ!若者が読まなさそうなこの表紙を!

【ストーリー】
江戸時代の女に翻弄される男をえがいた短編集らしいっす

「無名の書き手にとって直木賞は貴重。これまで6冊書いてきたが、店頭に並ぶ本になったのは初めてです」

「(受賞時よりも)候補に選んでいただいてくれたときの方がうれしかったですね。これで3年は食えるな、と思いました」

(会場笑)

「今よりいいものを…」って気持ちでここまでやってきた

「スポーツ選手と同じで、現役を続けるには常にレベルアップを目指す気持が必要だ」

「今よりよいものを書きたいという気持ちがなければ、続けていけない。年齢は気にしていられない」

青山文平さんの「つまをめとらば」が直木賞。67歳で史上2番目の高齢受賞で話題になっているが、最年少受賞なんかより高齢受賞の方が実は凄いのではないかと密かに思っている。才能は枯渇するって人もいるけど、いつまでも素晴らしい作品を世に出して欲しい。

おはようございます! 突風に注意⚠️のいちにちになりそうです…。 第154回 芥川賞・直木賞発表☆ 青山文平氏67歳で受賞とはすごい‼︎ 私もまだまだ止まってなんかいられない(^_−)−☆

直木賞受賞の青山さんの言葉が沁みる。 そう、進化したいと思えば進化するはず。遅いことは無いと信じたい。

80歳で起業したおばあちゃん

和田京子さん(83)

わかっ!!!

80歳で不動産会社を始めた和田京子さんは、年商3億を稼いでいるバリバリのビジネスウーマン

ohhhh

合格率16%の宅建の資格をわずか1年で取得。80歳の時に和田京子不動産を立ち上げました

引越しが多く今までで7回も家を購入してきたが、その7回全てが欠陥住宅だった

ずっと家に対して不満をかかえてたらしい

出典suumo.jp

ヴィヴィアン・ウエストウッドを着こなすおばあちゃん。
めっちゃ若々しい…!!!



※隣のお方は、一緒に事務所を立ち上げたお孫さん

おじゃMAPにでてる、85歳の不動産屋さんおばあちゃん、和田京子さん、ヴィヴィアンのハートのスーツ来てる!!!!!なんておしゃれなの!!!!けど!!!!!!

先週のがっちりマンデーに出てた、80歳で起業した、その名も「和田京子不動産」の社長さん。 何が素敵って仕事着が全てヴィヴィアン・ウェストウッド。 キメ写真は定番のハート襟のジャケットな。 80でヴィヴィアン着こなしてバリバリ稼ぐって凄いな…

仕事着すべて…て。

話す言葉も、ワードが若い(笑)
メイクにかんして…「盛ってます」
寝る間もないほど忙しいから…「爆睡したい」
愛用のiPhoneを見て…「バリサンだ!」

ヤバい

シリコンバレーで成功したじいちゃんもいる

開発したテクノロジーはのちにアップル社に売却され、MacBookのiDVDとなった

マジで!!!

1 2





HEATTOさん

ガジェット大好き★



  • 話題の動画をまとめよう