1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

これあり?家の合鍵は「LINE」で簡単に作れちゃうらしい

生活の一部になっている「LINE」ですが、ある企業がLINEの画像をもとに合鍵を作るサービスを始めたようです。これって、セキュリティ的に大丈夫なの??

更新日: 2016年01月20日

syuponさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
123 お気に入り 136017 view
お気に入り追加

LINEで「合鍵」が作れちゃう!?

インターネット上で合鍵を注文できるサービス「合鍵工場」

合鍵作成における利便性を追求し、お店に鍵を持ち込むように簡単に合鍵が注文できる

パシャッ!と撮って送れば合鍵が完成

「鍵全体が分かる写真」と「番号が分かる写真」をピントを合わせて撮影

作成された合鍵はキータグを付けて、送料無料で配送される

価格はディンプルキーが4320円、ギザギザキーが2160円。約2週間で届くそうです。

元となる鍵を持ち込まないでも作成できるインターネットサービスを展開することで、ユーザーの手間を極力抑えて気軽に作成できる

正規品を自宅で簡単に購入できる為、粗悪品の鍵を使ったトラブルが減る

作成される合鍵は正規品。粗悪な合鍵ではシリンダー(鍵穴)内部に負担をかけてしまう。

鍵トラブルの出張等で営業時間内にも関わらず、店が閉まっている事もあり、スムーズにいかない事を防げる

確かに、受け取りに行ったら店が閉まっていることってありますよねぇ…。

でも、セキュリティに問題がありそうでちょっと怖い…

便利だけど…やっぱり不安。

写真のデータをコンピューターなどで自動判別するわけではなく、あくまでもスタッフが人為的に判別するサービス

lineで鍵の写真をとったら合鍵を作ってくれるサービス、流石に危ないと思います…

LINE合い鍵の本当の恐ろしさは 合い鍵と住所がワンセットなので 流出したら簡単に空き巣できちゃう所。

合鍵をLINEで写真を送れば作ってくれるって… データがぶっこ抜かれる未来しか見えないんだが…

LINEで合鍵を送る「スマートロック」のほうが安全?

自宅のドアに取り付ければスマホで開閉が可能になる

ドアの内側のサムターンの上からペタッと貼り付ける。後付可能。

時間を限定した鍵の発行も可能で、無断で合鍵を複製されるリスクもなくなる

時間限定の合鍵なら、セキュリティ的にも少し安心ですね。

1





syuponさん



  • 話題の動画をまとめよう