1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

知らないと置いてかれる?IT業界を賑わす「ブロックチェーン」

最近IT業界を賑わすブロックチェーンについて、まとめてみました。

更新日: 2016年01月21日

TORADHIさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
147 お気に入り 45404 view
お気に入り追加

いまIT系で「ブロックチェーン」がバズワードに

最近、株価上昇を続けているのがフィンテック関連銘柄であり、もっと具体的に言えばブロックチェーン関連銘柄

※フィンテックとはIT技術を活かした金融サービスのこと

ひとことで言うとビットコインの取引履歴

ブロックチェーンは、この世に存在するビットコインのやりとりのすべてを記録した「ビットコインの取引記録」

取引記録を一つのブロックにまとめて、そのブロックをチェーンのようにつなげて保存しているため、そう呼ばれている

ビットコインがイノベーションと言われているのは二重支払いや改ざんという問題を、ブロックチェーンという形で解決している点

で、なぜ注目されてるかというと・・・

ブロックチェーン技術を取り入れることで、Eコマース事業にかかるコストを1/3まで大幅に軽減させるサービスを日本のIT企業が発表

株式投資に利用することができれば、証券会社を介さず、自分だけで株式投資の売買を行っていくこともできる日がくる可能性もある

ポイントなのは、銀行いらずになるってこと

ブロックチェーン誕生以前は、全ての取引はVISAや銀行などの第三者機関を通して行わなければなりませんでした

ブロックチェーンを使えば第三者機関を通さずにして、買い手と売り手が直接取引できてしまう

帳簿が全世界に向けて公開されているので、ブロックチェーンを騙すことは基本的にできず、それ自体で合意形成=信頼になっている

金融以外でも利用できることでさらなる注目が

ブロックチェーンは現在第三者機関に頼っている全ての業界の仲介役を取り除くことができ、第三者機関に頼らずにして世界を回せる

例えば投票ソフトウェアを開発して、投票結果をブロックチェーン上に残すようにすれば、不正が一切できない国民投票のシステムを作ることだってできる

他にも、不動産の契約は全て契約書という紙ベースだが、契約手続きの全てをブロックチェーン上で完結させることもできそう

1





TORADHIさん



  • 話題の動画をまとめよう