1. まとめトップ
  2. ガールズ

香りが凝縮!香水より万能な「アルメニアペーパー」

フランスではとても人気のあるお香。日本でも広まるといいですね!

更新日: 2016年01月24日

まみいさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1128 お気に入り 96013 view
お気に入り追加

実はこれ「お香」なんです(・∀・)

こんなお香があるなんて知らなかった(゚д゚)!

アルメニア人は昔、香りを焚いて家を清めるという風習があったそう。それをヒントに作られたのが紙のお香「アルメニアペーパー」

19世紀にあるフランス人の薬剤師が、旅先のアルメニアで甘い香りの樹脂「安息香」を燃やして殺菌剤として使っているのを見て商品化を思いついた

今でもフランスで愛されてる

「サンタ・マリア・ノヴェッラ」という薬局で作られた。
日本では銀座店で買えます。

400年以上経った今も 当時の調香・歴史そのままに香る名香が手に入る。アルメニア香は、『王妃の水』さながらの芳香を放つ紙香

火を付けなくても、充分香りがたつそう

芳香はもちろんのこと、消臭効果もある。消臭スプレーだけより確実に早くスッキリする。ペットやタバコのにおいにも◎

空気清浄としても使えるのだそう

サンタマリアノヴェッラは何貰っても嬉しいし、意外と男性にも贈れる物もあるので、ギフトとしては本当に優秀。このアルメニアペーパーとか、名刺入れとか財布に入れるだけでいい香りがするんだよ。なんかセクシー。 pic.twitter.com/3PGYehZRan

名刺やお財布などに挟んでもイイ

手帳に挟むのもいいね!

手帳を開くたびに良い香りがすれば、予定に追われる日々のなかでもリラックスできそう。親しい人への手紙やギフトに添えてみるのも素敵

相手に名刺交換のときに香りも一緒に渡すことができる。名刺からいい香りがすれば、ビジネスで好印象になる

おぉー!そんなテクニックが!!

その他に、クローゼットや箪笥の引き出しに 1枚しのばせておくと防虫剤代わりになる

万能すぎるだろ

フランス人は香水と深く関わりがある

Photo by Martin Barraud / OJO Images

フランスでは、赤ちゃん用の香水があり、服とかにそっとつけたりするよう

赤ちゃん用として、アルコールフリーの香水が売られているそう

小学校5年ぐらいの息子にも「お兄ちゃん、今日はどれにする?」と、置いてあるオーデコロンのボトルを選ばせる

日本ではありえない光景ですね…

1





まみいさん



  • 話題の動画をまとめよう