1. まとめトップ

ソマリア海賊がいつの間にか壊滅? すしざんまい社長・木村清氏がとんでもない働きをしていた

世界が悩まされていたソマリア壊滅を壊滅させたのは、すしざんまいの社長だった。

更新日: 2016年01月21日

asdf2020さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
59 お気に入り 888027 view
お気に入り追加

世界が悩まされていたソマリア海賊被害

海賊は主にAK47など小銃や携帯型ロケットランチャーで武装、高速ボート数船で貨物船・タンカーを襲撃し乗っ取りをしている。

2008年に人質になった船員は約580名におよび、保険料率の引き上げやソマリア海域を通過する船舶への船員の乗り組み拒否、時間と輸送費のかさむ喜望峰回りへの迂回などが起きている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ソマリア沖の海賊

ソマリア海賊の活動範囲

中東の石油輸送ルートが狙われており、世界経済に打撃を与えていた

しかし最近はパッタリと被害が止む

2008年から2010年にかけソマリア海賊が爆増。世界の海賊被害総数を押し上げる。

しかし2011年から減っていき……

2014年、ソマリア沖の海賊被害は「0」に。

ソマリア海賊を壊滅させたのは、すしざんまい社長だった!

24時間年中無休の寿司チェーンとして全国展開。マグロの初競りで大盤振る舞いを見せる名物社長(と大きく手を広げるポーズ)が有名だ。

ソマリアの海賊を一人で壊滅させた男がいる。金も技術も無いので生きるために海賊をやってる事を知り、漁船を用立てて、技術指導をつけ、魚の流通を引き受けることで、海賊を漁民に更正させて壊滅させた。 これ、政治家でも何でもない。すしざんまいの社長の話。

マジだった・・・「キハダマグロの漁場探してたら海賊の頻繁地」→「海賊と直接交渉」→「俺達だってやりたくねぇ貧乏が悪いんだ!」→「んじゃマグロ獲れよ」→「船がねえ!」→「用意する」→「設備がねぇ!」→「用意する」→「団体に入れてもらえねぇ」→「俺が交渉する」→

@sow_LIBRA11 「どうやって獲っていいかわからねぇ!」→「教えてやる!!!」→「最大年間三百件あった海賊被害がゼロになる」→「ぶっちゃけ赤字だけど、まぁこのまま上手く行けば数年で軌道に乗る」→「ってか乗せる」

ソマリア海賊はもともと漁民。生活に困窮して仕方なく海賊行為を行っていただけだった

そこですしざんまいの社長、木村清が魚の獲り方から販売ルート、団体加入などをすべて面倒見たのである

出典hbol.jp

ソマリアの沖というのは、キハダマグロのいい漁場なんです。ところが海賊が出るようになり、危なくてマグロを獲りに行けなくなってしまったんです。しかし、聞いてみると誰も海賊とは話していないという。おかしいじゃないですか。海賊といったって相手は人間なんですから。それでさっそく、伝手を頼ってソマリアの海賊たちに会いに行きました。そこでわかったことは、彼らだってなにも好き好んで海賊をやっているわけじゃないということです。だったらこの海で、マグロを獲ればいいじゃないか。自分で稼いだ金で家族を養うという、誇りを持った人生にしなくちゃいかん――と、彼らと話し合ったんです。

彼らは、マグロ漁の技術をもっていないし、船もありません。マグロを獲ってもそれを入れておく冷凍倉庫が使えなくなっている。獲ったマグロは売らなければなりませんが、そのルートをもっていない。IOTC(インド洋まぐろ類委員会)に加盟していないから、輸出ができなかったんです。じゃあ、仕方がない。うちの船を4隻もっていった。漁の技術も教えましょう。冷凍倉庫も使えるようにする。ソマリア政府にはたらきかけてIOTCにも加盟する。獲ったマグロをうちが買えば、販売ルートも確保できる。こうやって一緒になってマグロ漁で生活ができるようにしていったんです。

なぜそこまで? 単なる利益と漁獲量確保だけではない想い

いろんな国や国際機関も援助をやっていますが、どれも上滑りのことばかりであまり役に立っていないことも少なくありません。相手の視線に立って、相手の悩みに気がついてあげることが必要なんです。

正直言って今のところまだ採算はとれていませんね。しかし、将来的にはきちんと利益が出る目論見はたっていますよ。それに商売というのは、目の前の利益、儲けのことを第一に考えていたんではうまくいかないものなんです。

テレビでも人気のすしざんまい社長。ただの“明るい寿司おじさん”ではないとんでもない一面を持っていたのだった

フジモンが「すしざんまい」ポーズを真似して一躍人気になって知っている人も多いだろう

ただの英雄じゃねぇか・・・派手好きな陽気なおっちゃんと思ったらスゴイな! >RT

マグロ競り落とす金持ちのおっさんくらいのイメージだったけどガラッと変わるわ……マジかよ……

こ、この前すしざんまいの社長の話みたけど…このお方ほんと凄いんだな… というか社長自ら本当に驚くほど動き回ってて…すごかった…

昔の『バットマン・ストライクス』誌で、失業者を多数配下に加えたギャングの元へ乗り込んだバットマンが、ウェイン社の再就職支援プログラムの動画を見せて「ギャングに福利厚生はないだろ?」って言って、瞬く間に組織を解散させた話を思い出した。 twitter.com/inabawataru/st…

>RT 多分こういうのが自立支援なんだよなぁ。 貧乏だから金やるのが支援でなく、金を得させる為の道筋を照らして整えて、それを全力で走らせるのが効果的な自立支援よ。

高まる新興国需要で日本の「マグロ取り分」が厳しくなるなか、すしざんまいの独占ルート開拓により安泰に!?

木村 清(きむら きよし、1952年4月19日 - )は、日本の実業家。喜代村代表取締役社長。

百科事典のセールスマンなど職を転々とし、1974年に大洋漁業(現・マルハニチロ)の子会社である「新洋商事」に入社。新洋商事で魚の仲買人となり、築地市場で多くの取引先を持つようになる。

1979年6月に新洋商事を退職し独立。喜代村の前身となる木村商店を創業した。
コネを活用し、寿司店『喜よ寿司』を開店。2001年4月に『すしざんまい本店』を開店した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/木村清

1 2





話題のニュースやゲーム小ネタなどなんでもまとめます



  • 話題の動画をまとめよう