1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

全てはここから始まった!国内カフェ文化発祥のお店『パウリスタ』に行ってみたい!

【カフェ好き必見!】銀座にある『カフェーパウリスタ』は現存する日本最古の喫茶店。こだわりの美味しい珈琲とレトロモダンな雰囲気が魅力の素敵なお店です!

更新日: 2016年01月21日

だらくださん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 4089 view
お気に入り追加

全てはここから始まった!

銀座(東京)にカフェ好きを自認するなら、是非行っておきたいお店があるらしい…。

メディアにも時々登場する。最近では、NHKの朝ドラ「花子とアン」のモデルとなった店として紹介されている

それがコチラ…

国内コーヒー業界のパイオニア的なお店です

店名の「パウリスタ」とは“サンパウロの人”という意味で、創業者がブラジル農園のコーヒー豆を独自ルートで仕入れた事を記念して名付けられた。

創業は100年以上前!

『カフェーパウリスタ』は現存する日本最古の喫茶店である。

私も最近知ったのですが、「銀ブラ」という言葉は銀座のカフェーパウリスタで当時5銭のブラジルコーヒーを飲むという意味だそうです

(諸説あり!)

1911年、銀座に開業。都内を中心に店舗を広げ、親しまれていたが、1923年の関東大震災被災後、各店舗ともに閉店。

明治43年の創業で、日本のコーヒー界の歴史と文化を創ったお店として、 また多くの文豪たちが通ったお店としても有名

森鴎外や芥川龍之介、菊池寛、谷崎潤一郎などが常連だったのだとか。

明治時代から大正時代にかけて、一般の人々には敷居が高かったカフェ。しかしカフェーパウリスタは、コーヒー の大衆化に一役も二役もかった

現在の銀座店は、1970年より営業が始まった。

ジョン・レノンはオノ・ヨーコとともにここに通ったらしい。時にはブルーマウンテンを3杯おかわりしたことも

「鬼の如く黒く恋の如く甘く地獄の如く熱き」コーヒーは、ミルクと砂糖を入れてたしなむのが正統なのだとか

レトロな雰囲気が魅力♪

レトロで気品のある様な洋式構造。縦長の店内の中央に通路、左右にテーブル席があるような配置で、所々に南国の木が鉢で飾ってあります

シャンデリアの光の柔らかさが、落ち着いた店内の雰囲気を一層演出している。

店員さんがエプロンじゃなくて制服着てるんですよ・・黒の、昔ながらの。銀座で、周りがどんどん変わっていっているのに、このお店は不動の地位です

装飾品も素敵です。なんとなくノスタルジックな気分になります。

時間を忘れてゆったりできます。客層も、50代~60代の常連客であろうと思われる方が多く見られました

老舗カフェといっても常連客が多い中、初めてのお客さんにも気さくな接客で気持ちがいいですね

熱い珈琲はいかがでしょう?

豊富なコーヒーのメニュー。特にブレンドの種類が多い。また、季節によっておすすめのコーヒーが変わるのも嬉しい。

その味は、明るく爽やかな酸味、素晴らしい甘み、豊かなコクという三拍子を兼ね揃えています。無農薬栽培だから出来る「優しい」味

勿論、喫茶店メニューの定番カフェオレやココア、紅茶などもある。

1 2





だらくださん

どうぞよろじぐおねがいじまず。



  • 話題の動画をまとめよう