1. まとめトップ

貧困女子が急増中!働いてもワーキングプアの貧しい女性たちの嘆き!

日本では、働いても年収が200万円を下回る『貧困レベルの女性』が増えています。働いても豊かになれないワーキングプアの女性についてまとめました。家賃を引いて81000円以下の女性が『貧困女性』と定義されていて、貧困女性は働く女性でも数百万人以上とみられています。

更新日: 2016年01月21日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 11392 view
お気に入り追加

身近にある女性の貧困

結局、収入をカバーするにはダブルワークで朝から晩まで働くなどするしかなく、体力的にも精神的にも厳しい現状があります。

貧しさから十分な食事が摂れていないとか、住む場所がないなどという実態が身近にあるのです。

働いても貯蓄すらできないワーキングプア

多くの貧困女子は、働いていないから貧乏なのではありません。フルタイムで働いていても収入が少ない、ワーキングプア状態

各種税金や社会保険の支払いなども加味すると、最低賃金に近いような給料では相当経済的に厳しい生活

貧困女子が気が付かれにくい理由

見た目が普通のキッチンですが、ガス台がありません。

接客の仕事をするために最低限のメイクはしていたりするため、見た目には貧困女子であることがわからないことが多い

パリッとアイロンをかけたシャツにさっぱりとした髪型。黒のスーツに身を包んだ30代前半の彼は、一見したら住まいを持たず、ネットカフェで寝起きしているような人には思えない。

女性の貧困レベル

時給850円の仕事 × 1日8時間 × 20日間 =月収136,000円
家賃 55,000円
136,000円 - 55,000円 = 81,000円 【←貧困女子レベル】

貧困女子の定義としてよく言われるものに、「手取り月収-家賃=85,000円以下」という基準

「貧困女子」の基準である手取り月収-家賃=8万5000円未満の女性を取材。彼女の部屋から見える苛酷な生活の実態

年収114万円以下であるとか、今の生活が苦しく感じているとか、将来の希望が見えないとか、現状を良く思っていない女性

日本において女性の貧困が大きな問題

日本人の平均年収は408万円と発表されています。内訳をみてみると、男性502万円、女性268万円という倍近い差

出典ironna.jp

日本の階層社会は、マイルドヤンキーの低所得者層(実家・シェアハウスなど)があり、その下にネットカフェ難民などになる貧困層が存在しています。

お金の使い方が良くわからない貧困女子

クレジットカードがよく分からないから、使うのが怖いそうです。その代わりに手持ちのお金がない場合は、キャッシングしてお金を用意していました。つまり借金です。

何故一人で3台のスマホを持ってるかと聞くと「安くてお得だから」という驚愕の答えが返ってきました!

安いという理由で沢山買ったり、限定品にも弱くて不要でもつい買っちゃたり、目先のお金に飛びついたり後さき考えなかったり。

住む場所がなくてインターネットカフェ難民

毎日、ネットカフェで寝泊まりした場合には、4時間で1000円だとしても、月額3万円になる事を考えると、安いとは言い難いのだが、、、、。

私が向かった漫画喫茶のお値段は“4時間パック1000円で、完全個室”という安くもなく高すぎもせずといったタイプの普通の漫画喫茶。

1 2





misukiruさん

注目している芸能人・芸能情報・スキャンダルまで。恋愛ライフハック、エンタメ、デート系、話題の人物、戦争経済と歴史、社会問題、ウェブ・IT、経済・金融。政治・政治家。情報アンテナ。平和派。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう