1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

忍たま乱太郎って、超リアルな時代劇でした

また忍たまを見直したくなる!

更新日: 2016年01月21日

ikelongonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
405 お気に入り 246346 view
お気に入り追加

これ 忍たまはアニメも可愛くてすごく素敵だけど、原作の落第忍者乱太郎には室町時代の人々の生活とか忍者の知識とかがたっぷり詰め込まれていて読んでて本当に面白い オススメ

忍たまの時代設定は、「室町時代」。そこには、すごいこだわりが隠れてた。

たとえば、豆腐の呼び方

忍たまの新年アニメで久々知くんが出してる豆腐料理、豆腐地獄の段で竹谷に作ってあげてたやつのお正月版じゃんマジ女子力高い pic.twitter.com/WK1EEQ0wsT

尼子さんのご教示の一例。「忍たま乱太郎」では、のれんに「たうふ」(豆腐)と書かれているそうです。辞書好きの人なら、『新明解国語辞典』に〔室町時代のかなづかいは、タウフ〕とあるのをご存じでしょう。この頃までは「たうふ」なのです。そこまで念入りに作られているとはと、脱帽した次第です。

あの武器も、当時の史実をちゃんと再現してる

「忍たま乱太郎-忍術学園全員集合-」なる映画を観た日から佐賀城本丸に来るたび『石火矢の〜♪撃ち方〜♪』なるフレーズが耳に蘇るようになったんですがどうしたら良いですかね。 臼砲(きゅうほう)のキューちゃん。 pic.twitter.com/ITAPcsYjvR

アニメに登場する石火矢も、史実に基づいた室町時代の大砲「臼砲」。

劇中に「臼砲」が石火矢とか言って出てくるが、これは史実に一応基づいている

田村三木ヱ門先輩が先込め式でつぶてが出るものを使う。「通常は弾丸(鉄球)が発射されるが、今回は炸裂弾を使用する」と語らせた

史実にならって、ちゃんと設定も語らせる。

互いに相手を死なせてしまうかもしれない状況にあって、あの忍術学園の連中がどうするのかを描いているところに、価値があると思う

魔王、忍たま乱太郎のあにめあんまり見たことがないんじゃけど、一度映画を流し見した時でさえ考証の細かさにおお…と目を見張った記憶があるぞ。武具に関して半端ないこだわりがあった。

ギャグシーンにも時代考証に合わないものは、登場させない

寛永通宝洗ってみた。普通に銅貨の色だった(^-^;発行された頃はこんな感じで流通してたんだろうね~。 pic.twitter.com/tqo6K9kOzs

きり丸がよく「銭や、銭や!」と喜んでいる時に出てくるものも永楽通宝など当時の日本が輸入していたお金です

忍たまアニメの二期だかで寛永通宝出したら尼子せんせが「500円玉ならギャグになるけど寛永通宝はこの時代になかったものだから絶対NG」って再放送までに直させたエピもあるし、忍たまで時代考証いい加減っていわれたらせんせーはじめスタッフも怒りそう

江戸時代のお金が、室町時代に出ることはギャグでも許さない。

戦国領主同士の争いの仕方も

劇場版アニメ では戦国領主同士の争いで境目の村の制札をめぐる対応がリアルに。村の城が出てきます。逆茂木・乱杭も設置

雑賀衆がモデルと思われる傭兵鉄砲集団が出てきます。さらに小規模な戦闘がリアル

雑賀衆は、実在した傭兵鉄砲集団。

忍者もの描いてそのあと忍たま見たら細かいものがほんと資料通りで感心したなぁ。 まあ、資料写真とか見るとどれもこれも資料提供が尼子 騒兵衛さんで、どれだけ資料としてしっかり集めて研究されているのかがわかった。

原作者は、アニメにもこんなに徹底していた

忍者は、ドロン! と煙とともに消える術は使わない。忍者の“ドロン”は、一節には、江戸時代の演劇で登場した描写とされるため

「水につけても消えないたいまつ、これは本当にあった話。だから描きます。番組に出てくる忍術はすべて事実なんです。」

まじめにしているのに失敗してしまう忍者の卵たちの面白さと、当時の人たちが智恵を振り絞った忍具をアニメでも正しく描いた

「さつまいも」をテーマにしたお話を作ろうとアイデアが出ても。

プロデューサーは、原作の尼子さんに相談する。果たして、その回答は、「その時代にさつまいもはなかった」だった

ギャグの中に込められていたこだわり

1 2





ikelongonさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう