1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

「猫よん」から「せか猫」まで!2016年は猫映画が目白押し!

いつの時代も人気のペット「猫」。エンタメ界でもそれは同じで、近年は猫映画が多く公開。2016年も猫映画が目白押しとなっていると話題に。「猫なんかよんでもこない。」から「世界から猫が消えたなら」まで、2016年公開予定の猫映画をまとめました。もふもふしたい!!

更新日: 2016年01月22日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
131 お気に入り 54033 view
お気に入り追加

・いつの時代も人気のペット「猫」

「ネコノミクス」などとも言われ、近年さらに人気が高まる猫

猫ブームの現在。書店に行くと、猫の写真集が並び、インターネットでも動画が人気

ペットフード協会の統計によれば、近年、ペットとして飼われている犬の頭数が減っているのに対し、猫の頭数は増加傾向

タレント猫のまるの圧倒的可愛さにハマる人や、猫カフェで癒される人がいる通り、日本人のにゃんこ好きの多さはいわずもがな

スマホアプリや本をのぞけば、ここにもそこにも猫がごろごろ。ネットを原動力に、コンテンツ世界の王者になりつつある

・エンタメ界でもそれは同じで、近年は猫映画が多く公開

北村一輝さんが出演の「猫侍」など、エンタメ界でも猫コンテンツは多い

映画界を見渡しても猫は大人気。その代表格が北村一輝演じる強面な剣豪・斑目久太郎が主人公の「猫侍」シリーズ

映画業界でも、2014年は「猫侍」「ねこにみかん」が公開、2015年に入ると、続編にあたる「猫侍 南の島へ行く」や、イッセー尾形主演「先生と迷い猫」などが公開

また、それ以前にも「グーグーだって猫である」(2008年)、「ねこタクシー」(2010年)、「レンタネコ 」(2012年)、「くろねこルーシー」(2012年)などが公開されている

・2016年も猫映画が目白押しとなっている

▼「猫なんかよんでもこない。」

実話をもとにした杉作氏による漫画を原作に、2016年1月30日に実写映画が公開される「猫なんかよんでもこない。」

実写映画「猫なんかよんでもこない。」は、“犬派”の崖っぷちボクサー・ミツオと2匹の猫の共同生活を描く作品。「グッモーエビアン!」「探検隊の栄光」の山本透が監督を、連続テレビ小説「純と愛」の風間俊介さんが主演

漫画家でミツオの兄役を演じるのは、幅広いジャンルで活躍しているつるの剛士さん。また、幼稚園の調理員ウメさん役には、今最も注目される若手女優としてバラエティでも引っ張りだこの松岡茉優さん

同作は、ボクシングに人生を捧げる三十路寸前の男・ミツオと、拾われてきた子猫・チンとクロの姿を描いた、心温まる作品

実話をもとにした同名漫画の原作はシリーズ累計発行部数30万部を突破するほどの人気を誇り、「上映時間1時間43分、"猫"出ずっぱり!」という世界観を表現する上で、猫の演技力は肝だったという

▼「ネコのお葬式」

韓国映画の「ネコのお葬式」

SUPER JUNIORのカンインが7年振りにスクリーン復帰を果たしたラブストーリー“Cat Funeral”の邦題が「ネコのお葬式」に決定し、2016年2月13日より公開

本作は、韓国のポータルサイトDAUMで話題を集めたデジタルコミックを映画化したもの。別れてしまったカップルが、2人で飼っていた猫の葬式をきっかけに再会するラブストーリー

一緒に飼っていた猫の葬式をきっかけに再会を果たした、かつての恋人同士のその後のストーリーを紡ぐ。テレビドラマ「天まで届け、この想い」や『ファッションキング』などのパク・セヨンがヒロインを好演。猫が取り持つカップルが織り成す、不器用でリアルな恋愛模様が観る者の心をつかむ

ヒロインの女性役には、バラエティー・ドラマで活躍する注目女優のパク・セヨンが抜擢。活発で魅力的な女性を演じている

▼「世界から猫が消えたなら」

佐藤健さんと宮崎あおいさんが共演する「せか猫」

俳優の佐藤健と女優の宮崎あおいが初共演する映画『世界から猫が消えたなら』(2016年5月14日公開)

1 2





monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう