1. まとめトップ
  2. カラダ

食べてないのに太る!それって「モナリザ症候群」かも

食べてないのに太っちゃう。それって交感神経が低下してる「モナリザ症候群」かもしれません。改善方法などまとめました。

更新日: 2016年01月23日

rainshineさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
391 お気に入り 312146 view
お気に入り追加

食べてないのに太っちゃった!

1日何も食べてないのに2kg太った。私は呼吸するだけで太るのか。

何も食べてないのに太った? 違う、何もしてないから太ったんだ…うん

最近太ったって言われた、、 たしかに体重増えた お菓子も食べてないのに

それって「モナリザ症候群」かも

モナリザ症候群とは、"Most obesity known are low in sympathetic activity."(肥満者の大多数は交感神経のはたらきが低下している)という文章からとった言葉。1991年、アメリカのブレイ教授が提唱した説である。

交感神経の低下

つまり、体のエネルギーを消費する交感神経の働きが低下し、痩せにくくなってしまうのです。

交感神経の低下は、痩せづらいだけでなく免疫力やホルモン系にも影響して、身体の不調の原因に。その状態をモナリザ症候群といっています。

それにより代謝が悪くなり太ってしまう

モナリザ症候群は生活のリズムが乱れることなどが原因で交感神経の働きが鈍り、体の代謝が落ちることでカロリー過多になっていないのに肥満になる状態を言います。

体内を活動モードにしてエネルギーを消費することができない状態です。食べたものをエネルギーとして活用できないため、必要摂取量の食事量でも太ってしまう可能性が高まるのです。

日本人の多数がモナリザ症候群?

実は、日本人で肥満に悩んでいる人の約7割が、モナリザ症候群が原因だと言われているのです。日本人の生活を見ていると、不規則な生活を送っている人やファストフードや加工食品で生活している人などが多くいます。

これらのストレスにより自律神経が乱れてモナリザ症候群になり、余計にダイエットが成功していないのだと考えられているのです。

どんな人がなりやすいのか

運動をしなかったり夜更かしをしているといった生活のリズムが乱れている人、ストレスによって自律神経が乱れている人がモナリザ症候群にかかってしまうことが多いようです。

テレビやケータイ・スマホの画面の光は刺激がとても強いので、依存している人は注意

「ストレスの多い状況に居るからモナリザ症候群にはならない」ということはなく、むしろストレスの多い状況が続くと自律神経の働きが低下しますので、モナリザ症候群になりやすくなると言えます。

モナリザ症候群を回避する為には

日の光を浴びる

朝起きたら太陽の光を浴びるようにしましょう。簡単なことですが日の光を浴びることで、自立神経が整い、体の巡りを整えることができますよ。

日光に当たることで、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌も促されるので、朝だけでなく、気分転換にも日光浴を行ってくださいね。

規則正しい生活をする

朝起きたら朝日を浴びて体内に活動モードに切り替える、日中はしっかりと活動する、夜にはしっかり睡眠をとる、という基本的な生活習慣の改善が必要です。

1 2





動物、自然、音楽、雑学、海外ゴシップ、海外ニュースなど
世界のすごい事、びっくり仰天な事、どうでもいいけどちょっとためになる事などをまとめてます。



  • 話題の動画をまとめよう