1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

マイナスからのスタート。。日本人の「幸福度」が低めなワケ

最近、研究が進んでいろんなことがわかってきました。その中、なんと幸福度の違いも科学で解明できたらしい。

更新日: 2016年01月23日

iroma605さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
266 お気に入り 163015 view
お気に入り追加

なんと、幸福度が高めなのは「進化した人間」!?

ある特定の遺伝子変異を持つ人が多い国では、「幸福である」と答える人の数が多いことがわかったという。

※『journal of Happiness studies』に掲載された論文。ブルガリアのバルナ経営大学のミハイル・ミンコフ著

遺伝子変異の保有率が高い国は赤道沿いや熱帯地域が多く、どうやら“進化”が関係しているらしい。

進化だと…!?

人間が牛乳を飲めるようにラクトース耐性を付け始めたのが約1万年前で、直近150年では平均身長が約10cm伸びました。

違う動物のお乳を飲むのも進化だったんですか…Σ(゚Д゚)

実は、地域に関係があるみたい

国民がA対立遺伝子を有していることが多い国は、西アフリカのガーナとナイジェリア、メキシコやコロンビアといった北ラテンアメリカ諸国

国民は自分たちを非常に幸せであると評価してるらしい。

どうやら「幸福感」は、遺伝子の影響で起こるのではないかという説が発表され、科学者の間で物議を醸しています。

(熱帯地域などの)高ストレスな環境では、それに対処するための遺伝子が必要だった

南米大陸北部とアフリカのサハラ南部は、殺人や強盗事件の発生率が先進国の比ではないですが、総じて先進国よりもリラックスしている人が多いことがわかっています。

南国の人って、確かに楽天的なイメージかも…!

残念ながら、アジア系はその進化に含まれず。。

「遺伝子変異」の保有割合が低かったのはヨルダン、香港、中国、タイ、台湾で、「幸福感」も最も低かったという

超絶アジア。。

「幸福ホルモン」の異名を持つセロトニンという神経伝達物質は、5-HTTという遺伝子によって司られているからです。

本人が自分の人生に幸福感を感じるかどうかは、ほぼ50%が遺伝的に決定されているということ

との50%の内訳は”社会的・金銭的成功:10%、残りの40%は「自ら意図をもって行動する」という自由さ”らしい

人生の幸福度の半分ですら遺伝子が決めるこの世界では…

どうしようもない感

日本人の8割は安心や幸福を感じにくい遺伝子を持っている ・・・

豊かでも「幸せ」って思いにくい(´・ω・`)

日本人は遺伝的に幸せになりにくいらしい。 セロトニンの関係で。 幸せの50%は遺伝子だから、残り半分を変えれば良いと☆ 日本人の幸福度が先進国中最低ランクなのもこれが原因てのも大きいな。

2016年、さっそく発表された「世界、幸福度」ランキング

毎年末恒例の「世界幸福度調査」の結果が発表されました。1位 コロンビア(85)2位 フィジー(82)2位 サウジアラビア(82)

世界の幸福度を数字にすると、平均は56らしい。

一人あたりのGDPでは、幸福度1位のコロンビアや2位のフィジーを圧倒的に上回るG7の国々が、幸福度では散々な結果に。

(今回、アメリカなどの国々は日本よりも下のランクでした)

結局、「幸せ」って他人と比べるものじゃないけど。。

1 2





iroma605さん

雑学とか、なんかいろいろ



  • 話題の動画をまとめよう