1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

漫画実写化作品で大ヒット連発!俳優「小栗旬」が凄すぎる!

俳優、小栗旬が23日、東京都内で行われた主演映画「信長協奏曲(コンツェルト)」の初日舞台あいさつに参加した。映画は興行収入30億円超え確実と言われ、ロケットスタートを切った。小栗旬は、漫画実写化作品で大ヒット連発しているので併せて詳しくお伝えします。

更新日: 2016年01月24日

ayumickey512さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
58 お気に入り 155605 view
お気に入り追加

■俳優、小栗旬が主演映画「信長協奏曲(コンツェルト)」の初日舞台あいさつに参加した。

「信長協奏曲」初日舞台挨拶の様子。左から山田孝之、柴咲コウ、小栗旬、向井理。

23日、東京都内で行われた主演映画「信長協奏曲」(松山博昭監督)の初日舞台あいさつに柴咲コウ、向井理、藤ケ谷太輔らと参加した。

2014年10月期に放送されたフジテレビ系連続ドラマの続編で、現代からタイムスリップした高校生のサブローが織田信長として生きる姿を描く時代劇。

■主演の小栗旬は、この映画で演じる織田信長にちなんで「天下統一」を宣言。

2014年に放送されたドラマ版を経て本日を迎え、主演の小栗は「ホッとしました。サブローの長い旅が終わったなという感じです」と晴れやかな笑顔を見せた。

小栗は、注がれた酒があまりに多く、少したるに戻した後「天下統一目刺し…乾杯!!」と言いながら酒を飲んだ。

あまりの量に小栗も思わず苦笑。乾杯で酒を口に含むと「これヤバイ。いってやろうと思ったけど、これいったら2回目の舞台あいさつに立てなかった」と話し、会場の笑いを誘っていた。

■映画「信長協奏曲(コンツェルト)」は興行収入30億円超え確実と言われている。

映画の”ヒット”となるのは大体興行収入10億円がラインと言われている

配給の東宝によると、23日午後3時時点で、昨年9月公開の映画「アンフェア the end」(興収23・6億円)との対比で、151%の観客動員数を記録。

興行収入30億円突破が確実となり、“天下統一”にふさわしい好スタートを切った。

●「面白い」、「見に行く」の声が多数あがるほど大人気の様子です。

信長協奏曲みなきゃ!!!笑 大好きな小栗旬の映画を見るために♡♡

映画信長協奏曲、くそおもしろかった!これはもう一度見る。

■小栗旬は、これまでにも圧倒的な作品数の漫画実写化作品でメインキャラを演じ、大ヒットを連発している。

「花より男子ファイナル」も同日までに動員630万4900人、興行収入は76億2800万円を記録した。

2007年に堀北真希、小栗旬、水嶋ヒロ、生田斗真が出演し最高視聴率23.1%を記録

1 2





ayumickey512さん

「訪問者にわかりやすく」をモットーにまとめます。
ぜひご覧ください。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう