1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ガソリンのレギュラーとハイオクって何が違うの?

レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いって何でしょう?

更新日: 2016年01月25日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
158 お気に入り 136031 view
お気に入り追加

■ガソリンの値下がりが止まらない

■レギュラーガソリンが100円を切るスタンドも登場しています

顧客自ら給油を行うセルフスタンドの一部では、レギュラーガソリンが1リットル当たり100円の大台を割り込んでいる

石油連盟の木村康会長は、「ガソリン安をきっかけに遠出する人も増えるだろう」と、需要の拡大に期待を寄せる

■ところで皆さんはガソリン、何を入れていますか?

ガソリンには、レギュラーとハイオクの二種類があります

■ハイオクってレギュラーと何が違うの?

「ハイオク」は「レギュラー」に添加物などを加えて「オクタン価」というのを上げたもの

オクタン価はJIS規格で定めれられていて、レギュラーのオクタン価が89以上でハイオクのオクタン価が96以上と設定されています

オクタン価とは、ノッキングのしにくさを表す値で、数値が高いほどアンチノック性(自己着火性)が高くなります

オクタン価が高い程、ガソリンは燃えにくく、燃焼に時間が掛かります

燃えにくいガソリンでは都合が悪そうに思えますが、実際には混合気をより高く圧縮できるので、燃焼時のエネルギーは大きくなる

ハイオクガソリンにはエンジンをきれいに保つ清浄剤が添加されていますが、レギュラーガソリンには添加されておりません

メーカーにより成分は異なりますが摩擦調整剤やエンジン洗浄剤などエンジンに優しい&環境に優しい添加剤がレギュラーより多く含まれます

■レギュラー仕様車にハイオクを給油したらどうなるの?

基本的に、レギュラー車はレギュラーガソリンを入れた時に最適のパフォーマンスを発揮するよう設計されています

ガソリン仕様の車にハイオクを入れると、加速がよくなったり、パワーがアップしたりすると言われることがありますが、このようなことはありません

ハイオクが持つ能力を活かせるエンジンを積んでいるわけではないので、性能がアップすることもありません

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう