1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

すげえ…社長たちの「手帳術」がめっちゃ参考になる!

新しい手帳を買ったら真似してみたい。

更新日: 2016年02月01日

buritooさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1961 お気に入り 343362 view
お気に入り追加

25年間、同じ型の手帳を使い続けてる。

出典dime.jp

アサヒグループホールディングス
代表取締役社長・泉谷直木さん

書くことで考えが精査、アイデアが固まり、覚悟が決まる。メモも整理して手帳に書き込んで初めて、僕自身の知識になる。

僕の手帳には記録、記憶、“あんちょこ”の3つの機能があります。記憶とは会った人の言葉や覚え書き。それは赤ペンで書き込みます。

1度しか会ってない方と会うときは、その赤ペンで思い返す。

アンチョコというのは、経営理論や会社の長期戦略など経営判断に際して原理原則となる事柄です。

出典dime.jp

仕事以外に、"好きな言葉"なんかも書いてる。

"LINE"は手帳に書いた「夢」がキッカケ

スケジュールはもちろん、会議の議事録やその日食べた食事のカロリー、購入したものなど、とにかくなんでも書き込みます。

"ライフログ"の達人らしい

人生の大きな計画や目標を手帳に書いて、それを実現するために、「緊急ではないが重要なもの」にきちんと時間を割く。

表ではⅡに当てはまることを大切にする。

「計画や目標」との誤差をチェックし、なぜ誤差が起きたのか、甘えや予測ミスはあったのか、原因をしっかり分析して改善していく。

誤差をなくす=目標達成に繋がる

フランクリン・プランナー
タイムマネジメントが必要な現代。有効な時間の使い方を教えてくれるシステム手帳。

手帳に書いた"15年先の目標"を達成した。

GMOグループ代表 熊谷正寿さん

21歳で手帳に書いた夢のひとつ、「35歳までに自分の会社を上場させる」を、35歳と1か月後に見事に実現。

多くの方のお話を聞いたりさまざまな書籍などの影響を受けながら、自分のやりたいことをリスト化しました。

「見える化する」ことで夢を目で見て確認すること、そしてそれを繰り返すことで、潜在意識に夢がしっかりと定着します。

具体的な目標を設定すると、目標と現実の差を明確に割り出すことができ、その差を埋める目の前の取り組むべきことが判明する。

夢を実現させるために一番時間が短くて、一番効率的なものは何かをまず考えてみること。そのツールとして手帳はとても役に立つ。

1





buritooさん

気になったものをまとめてみます。



  • 話題の動画をまとめよう