1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

90回近く「記憶がない」‥野々村被告が初公判で語った内容とは?

政務活動費をだまし取るなど、詐欺罪などに問われた元兵庫県議・野々村竜太郎被告の初公判が26日、神戸地裁で開かれました。裁判で語った内容とは?

更新日: 2016年01月27日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
29 お気に入り 181523 view
お気に入り追加

●元兵庫県議・野々村被告のやり直し初公判

日帰り出張を繰り返したなどとうその報告書を提出し、政務活動費約913万円をだまし取ったとして、

・地裁には、前回の605人を超す1013人が集結

・野々村被告は、法廷に丸刈り頭で姿を見せた

丸刈り頭に黒縁眼鏡、黒色のスーツにネクタイ姿で、平成26年7月の会見時よりも少しふっくらとした印象だった。

午前10時半、法廷に姿を見せた野々村被告は、裁判官と検察官、傍聴席に一礼してから証言台へと歩み出た。

・今回の裁判では、強制的に出廷させる「勾引」手続きを取っていた

初公判は当初、昨年11月に行われる予定だったが、当日になって野々村被告が「精神的に不安定で出廷できない」との理由で欠席し、この日に延期

同地裁は25日、強制的に出廷させるため身柄を拘束する勾引手続きを取り、同被告は一晩を刑事施設で過ごしたとみられる。

●野々村被告をめぐるこれまでの経緯

その後、野々村被告は不正を認め、政務活動費1684万円を全額返還、議員も辞職。

県警は昨年1月、野々村被告を詐欺などの疑いで書類送検。神戸地検は同8月に在宅起訴した。

●法廷では、約90回にわたり「覚えておりません」などと繰り返した

この日、野々村被告は現在、「医師から記憶障害の可能性があるとの診断を受けている」と主張

弁護人から病院に行った日付を問われると「平成27年12月9日です」と即答した。

被告人質問で野々村被告は、実際に行った出張の有無や、誰が領収書を改ざんしたかを問われると、

約90回にわたり「覚えておりません」などと繰り返し、起訴事実に関して詳しく説明しなかった。

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう