1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

デリバリーまで…?「JKビジネス」が更に巧妙化してる

取り締まりは厳しくなってるけど、新たな方法が編み出されてしまって…。

更新日: 2016年01月27日

Ironyucさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
136 お気に入り 391691 view
お気に入り追加

「JKビジネス」がここ数年問題に。

JKビジネスとは、女子高生(JK)による密着なサービスを売りにした商売

風営法による届け出が不要な業態ということもあり、メイドカフェブームが一段落した後、2006年ぐらいから急増した。

男性にマッサージをしたり、マジックミラー越しに雑誌を読んだり、お菓子を食べたりする場面を鑑賞するというサービス

店内だけでなく、お店の外で食事・カラオケ・漫画喫茶に行くなど普通のデートをするサービス

女子高生に制服や水着などの衣装を着させて、二人きりで撮影ができる

その裏では、性的なサービスが。

「接客やマッサージといっても、客の性的好奇心に応じるものがほとんど。たくさんの子どもたちが強姦や買春被害に遭っている」

性的なサービスを行う「裏オプション」というものがあるらしい。

JKお散歩における接客サービスの過程において、キスなど過激なサービスを行う場合もある

「男性にハグをしたら、5千円バック全部もらえるよ」って言って、お小遣い稼ぎのようにしてしまう子もいます

千代田区は客引きを禁止し、東京都は“高校生”がJKビジネスに関わっていた場合補導の対象になるよう条例を改正

しかし、店側は巧妙にサービスを続行。

看板を出さず空き店舗を表す白看板状態で営業している店や、電話1本で女子高生を派遣するシステムの「無店舗型」も増え始めている

新たな営業形態によって、実態の把握が難しくなっている

他にも、インターネットを使ったり、数ヶ月で店舗を移転するような事業者も現れている。

主に決まった店舗を持たず、制服姿の少女個人が路上でビラなどを配りながら、通行人に声をかけて客を集める

警察の摘発リスクを減らすために集客をインターネットにしてしまう事で、警察との摘発は、いたちごっこが続いている

秋葉原からJKビジネス(18歳以上)が無くなるとして、制服風衣装をメイド服に変える、店舗を秋葉原以外に移す、無店舗化等に移るだけだろうな。 摘発されても現役の女子高生は働いていないけど。

JKビジネスだけ叩いてもねぇ…。♂の性欲を満たすための商品はこの世に溢れかえってる。JK(未成年)がその一部なだけ。根本的な問題そのものについて考えてなければ一部を叩いても意味なくない?摘発を恐れてるから店側は無店舗型にして水面下でビジネスするわけだし。そして実態が隠されていく。

1 2





Ironyucさん

ニュース記事の深堀り&わかりやすくまとめる系を多く作ってます!



  • 話題の動画をまとめよう