1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「終末時計」残り3分のまま…イラン核合意も世界は深刻な危機に直面

米誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」は、人類に残された時間を象徴的に示す「終末時計」の針を昨年のまま動かさないことにしたと発表した。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年01月27日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
51 お気に入り 49198 view
お気に入り追加

○「終末時計」残り3分のまま

人類滅亡までの残り時間は「あと3分」で止まったままに――。

米誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」は、人類に残された時間を象徴的に示す「終末時計」の針を昨年のまま動かさないことにしたと発表した。

イランの核合意など前向きな材料はあったものの北朝鮮の核実験など懸念要素もあったとして、時計の針は動かさず、残り3分としました。

○世界は恐るべき難題に直面している

イラン核合意や地球温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」採択について外交成果だとしながら、「大惨事の可能性に満ちた暗い世界では小さな明かりにすぎない」と指摘。

「パリ協定」や米国とイランの合意が成立してもなお、世界は恐るべき難題に直面しているとの見方を示す。

米露の関係悪化や核兵器改良、北朝鮮の核実験がこうした進展を相殺しているとした。

○世界中で争いが起こり続けている

北朝鮮の核実験や、ウクライナの紛争やシリアの内戦が続いていることなどを挙げ、時計の針を動かさなかったとしています。

同誌は、南シナ海での領有権争いについても米中の衝突に発展する恐れがあると懸念。

地球上の核兵器保有量が増え続けていることや、環境汚染対策の誓約が不十分だったことが懸念材料とされた。

○「考え方を変えない限り、深刻な危機に直面し続ける」

検討にあたった科学者の1人は「針が進まなかったことはいいニュースではなく、世界の指導者たちが義務を怠っていることを意味している」と話しています。

時計の針を戻すためには、核兵器の削減に向けて北朝鮮の軍縮を目指す取り組みなどに力を入れる必要があると述べ、世界の政治指導者や人類の思考を変えさせることがその鍵を握ると指摘。

「我々が考え方を変えない限り、人類は深刻な危機に直面し続ける」とした。

○このニュースについてネットでも話題になっている

終末時計 って何??!! (´ºωº`)怖い 核戦争、、、 三分前って結構怖め

前にチョロっと呟いた『終末時計』だが、今年は動かさず11:57のままだそうな。イランの合意が主な要因とのこと。

終末時計なるものがある事をはじめて知った。ニュースで「地球最後の日」だなんていうから過剰反応しちゃうね!

はじめて聞いたけどなんだ終末時計って……厨二心くすぐられるな……

相変わらず瀬戸際、象徴的に表す3分は長いのか短いのか?日本だとカップラーメン、アメリカだとTVディナーが出来る時間か?「終末時計」の針、16年は動かず…人類滅亡まで残り3分のまま #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

○世界終末時計とは?

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう