1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

まるで世界旅行!「美術館」をめぐるバーチャルが最高

Googleストリートビューで、美術館も見れるんです~~!

更新日: 2016年02月01日

452 お気に入り 36943 view
お気に入り追加

今、芸術×バーチャル企画がアツい

建築家フランク・ロイド・ライトが設計したソロモン・R・グッゲンハイム美術館へ行ったことがないなら、今すぐ行けます! なんとパソコンから!

ニューヨークのグッゲンハイム美術館の中を、ストリートビューで散策・鑑賞できるようになった。

Googleの美術企画のひとつ…!

Googleが世界の美術館や博物館と協力し、文化遺産や展示品をWeb上で公開している「Google Cultural Institute」

1000を超える芸術作品の画像をオンラインに掲載するとともに、ユーザーが美術館の中をストリートビューでバーチャル見学できるようにした。美術館内はGoogleマップからも閲覧できる。

ニューヨークのメトロポリタン美術館、近代美術館(MoMA)、ロンドンのナショナルギャラリー、ロシアのエルミタージュ美術館など、世界の17の美術館と協力

何が素晴らしいってこのプロジェクト、完全にお金にならないというか、グーグルの世界の全ての情報を集約するというコンセプトを体現する為だけに作られた、文化事業ってこと。

Street Viewでの移動は、道路と違って建物内部なので操作が難しいかもしれません。でも、慣れてくるとゲームみたいで面白いです。

そんな中、新しく加わった「グッケンハイム」

建築の柔軟性と自然をオーガニックに融合させたこの建物は、世界に誇る20世紀建築の代表作品

異彩を放つ外観に圧倒されながら館内に入ると、そこはうずまき状のスロープがめぐらされ、まるで自分が生物の細胞内にいるような錯覚を覚える

エレベーターで最上階まで上がって、ぐるぐる降りていく回り方が決まり。

やはり現実世界で訪れる方が良いものだが、グッゲンハイムの円形が360度で体験するのに適していることは認めざるを得ない

入館者を後押しするはず。有料購読紙の無料記事のようなもの=グッゲンハイム美術館、Googleストリートビューで公開 wired.jp/2016/01/27/gug… via

グッゲンハイム美術館は、その独創的な建築様式のために、撮影には少し工夫が必要だったという。

ドローンや三脚、ストリートビュー・トローリーカメラなどの機材を駆使して、最終的に360度の景色としてつなぎ合わされている。

Google以外にも、こんな変わった企画が

フロリダ州のダリ美術館で開催される展示会「Disney and Dali: Architects of the Imagination」にて

シュルレアリスムの鬼才、サルバトール・ダリが1933年に描いた「ミレーの≪晩鐘≫の古代学的回想」。

ダリが子供の頃に見た絵に深く影響を受け描いた絵

この絵画の中に入り込んで探索することができる。象徴的ともいえる二つの巨大な塔に近づき、中の階段を上っていくと、そこから見えるのは宇宙象である。

▼というわけでYoutubeで体験できます…!

ダリがトラウマのように感じ続けた不安を、私達も感じることはできるでしょうか…

1





ねるねる5063さん



  • 話題の動画をまとめよう