1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

生活が一変…記録的寒波のせいで九州が苦しんでる

先週末に日本列島を襲った大寒波。あれから少し時間が経ち、雪も溶けていつもの街並みに戻ってきましたが、九州の一部の地域ではまだまだ普段の生活ができず、苦しんでいる人もいるようです。

更新日: 2016年01月28日

rinndou9900さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
40 お気に入り 149124 view
お気に入り追加

断水で水がつかえない。。

27日夜の時点で、福岡や佐賀など九州のほか、島根や山口など中国・四国のあわせて約21万世帯が寒波のために断水しているという。

そのため、自衛隊へ災害派遣を要請し、給水車両が出動している地域も。

復旧の足かせになっているのが、空き家の水道管破損。住民から通報がなく漏水が続いている可能性もあり、自治体も苦慮している。

積雪が残っている地域もあり、断水の原因となっている漏水箇所の特定に時間がかかっているという。

水道管の修繕依頼も殺到しているらしい…

福岡県大牟田市内9か所に設置された給水所では、自衛隊などが24時間態勢で対応に追われている。

ただ今「断水中」です 火曜日から自衛隊による給水を受け、何とか水を確保できています。水の大切さ、蛇口をひねると水が出る有り難さを実感中です。 pic.twitter.com/LL1X8UL0eK

断水の影響は学校や病院にも…

【拡散希望】佐世保市もあちこちで断水しとるぼなっ!給食も食べれないとのこと(´°ω°`)はやく復旧しますよおにっ!工事の方々ありがとうですっ!★佐世保市内の給水箇所情報は、こちらから!facebook.com/sasebocity/ pic.twitter.com/AVd64Pk6ed

現在、給食が停止している長崎県佐世保市

佐世保市では、断水の影響で、71校ある市内全ての小中学校で、2月1日まで学校給食を取りやめることが決まった。

被害の大きい福岡県大牟田市の小中学校の一部は水が使えず、26日に続いて27日も、市立の小中学校30校のうち18校が休校した。

水は市民の日常生活に欠かせないだけでなく、大量に使う人工透析など医療面では命にも関わる。

ある医師は「水が出ないと治療が上手くできない。現在、給水車で対応中だが、断水が続けば入院患者の転院も検討しなければならない」という。

交通網も乱れていて物流も滞っている

昨日とは違うローソンのパン棚。スーパーにも「雪のため入荷せずすまない」的な掲示が各所に。南部のほうでは給水車。事後の影響が大きい。 p.twipple.jp/TwPQs

福岡のとあるローソン。棚がからっぽ!!

週末の雪の影響でスーパーなんもない pic.twitter.com/QvN32kvRfT

スーパーも同様で何も売ってない…これも福岡。

道路など交通の乱れも長引き、トラック輸送など物流が滞っている。野菜を中心に食料品が品薄となっている店舗も少なくない。

27日には、JRの全路線で運転が再開、九州高速道路でも通行止めが解除されるなど、交通機関の復旧が進みましたが…

28日午前9時現在の九州の高速網は、通行止めとなっているところはないが、一部で雪の影響が残り、速度制限が敷かれている。

さらに農作物にも深刻な被害が…

ビニールハウスの上に残る大量の雪

雪の重みでビニールハウスが潰れてる…

積雪後の雨で重みが増し、ハウス倒壊などの被害が各地で相次ぎ、農家やJAは対応に追われている。

1 2





rinndou9900さん

大人女子に向けたまとめを作って行きたいと思います~~♪

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう