1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

フランスが首位陥落。これからは「ワイン=チリ」の時代?

財務省が発表した、日本における2015年のワイン輸入量で、ついにフランスが首位陥落。近年肉薄していたチリが初の首位に。これからは「ワイン=チリ」になる?

更新日: 2016年01月28日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
72 お気に入り 37069 view
お気に入り追加

みなさんが「ワイン」と言われてイメージする産地は?

そんな「ワイン=フランス」の概念に変化か?

ワインの2015年の輸入量(赤、白、ロゼの合計)でチリ産がフランス産を抜き、初めて首位になった事が分かった。

フランスからの輸入量は前年より2.7%減の5151万リットルだった一方、チリからは18%増の5159万リットル。

10月までチリがトップで、フランスが新酒「ボジョレ・ヌーボー」効果で11月に累計で首位に。しかし12月に再び抜き返した。

とうとうチリ産ワインがフランスワインをぬいたのね└(└^o^)┘

チリ産のワインがフランス産の輸入量を抜いたと。そうだよね、自分も自宅で飲むのはチリ産ばかりだもの。

そういえば確かに、自分もチリ産ばっか

近年、ワインの生産地として世界中から注目を浴びている「チリ」

チリは年間300日以上が晴天で、南極から流れ込む寒流とアンデス山脈の両側から冷気が入りこむことで、昼夜の寒暖差が激しい。

昼夜の寒暖差が激しいのはブドウの栽培にはピッタリ

土壌にも恵まれており、さらにブドウの天敵ともいうべき害虫フィロキセラも生息していない。

そのため農薬等も必要ないんだとか

「自然環境に恵まれた南米チリはワイン生産に最適で、今注目されている一大ワイン産地。」

■ではチリ産ワインはなぜ人気?

チリには、欧州から持ち込まれ樹齢を重ねたブドウの木が多く、タンニン分が十分に含まれている。

フランス産などと遜色ない芳醇な味わいや香り、また欧州産に比べて酸味、渋みが少なく、日本人の舌に合うとも言われている。

国内の大手ワインメーカーによると、チリ産のボトルワインの店頭平均価格は750mlで約600円と、フランス産と比べ400円程度安い。

安さのワケは…

日本とチリの経済連携協定(EPA)が07年に発効し、関税が段階的に引き下げられて手ごろな価格に。

また人件費がヨーロッパに比べて安いなど、生産コストが極めて低いのも影響している。

価格はリーズナブルな割に品質がよいチリ産ワインが、近年は日常的に飲むワインとして日本で定番化。

メーカー各社は、品ぞろえを増やしたり、外食チェーンへの販路を拡大したりして、チリ産ワインの販売を強化している。

絶対フランスよりチリ産ワインのほうが好き(*´`*)安くて美味しい☆

チリ産ワインの輸入量が仏を抜いて初めてトップになったらしい。安くてガブガブ飲めるので、もう何年も前から南半球やアメリカのワインが多い。特にチリはコスパがいい印象。

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう